FC2ブログ
IMG_8235t.jpg
1960年代らしい半袖ボタンダウンシャツ。
襟を見るとBDシャツに見えないがスナップボタン留めになっている。
いわば隠しボタンダウンの系譜に位置するとも言える変わり種ですね('ω')ノ
1960年代服との言えばアイビースタイルのイメージが強いですが実際にはそれ以外も数多く存在する。
日本だと70年代のイメージが強いヒッピームーブメントに影響されたラインからホワイトリーバイスのようなカジュアルとワークの融合路線、宇宙ブームと影響しあったツヤツヤな生地のモックネックTシャツたち、ベルトレスのテーパードパンツなどなど
中には一発屋的な以後の時代に続かなかったディティールやデザインの服も多数存在した。
シャツに関して云えば素材革命とも言える化学繊維全盛期の時代の恩恵をニットやカットソーほど受けていない印象をうけつつも既に実用化されたレビア、グリッパー等のシャトルレス織機により大量生産された生地は面倒なジャガート織り、ドビーよりもプリント柄と言う単純かつより多彩な手法により地味な印象のシャツ類の世界を一変させた。
勿論、ジャガート機構のあるレピアにより織り柄生地もより容易く大量生産出来るようになった事実もある。
IMG_8234_201905121725532e7.jpg

IMG_8231_20190512172549db8.jpg
そう言えば半袖が広まったのも60年代ですね('ω')ノ
勿論、以前からも存在したがあらゆるジャンルのシャツにも浸透したのはやはり60年代。
IMG_8229_2019051217254774c.jpg
襟裏のスナップボタンで留めているので全く目につかないディティール。
IMG_8230_2019051217254707a.jpg

IMG_8228_201905121725453a9.jpg

IMG_8226_20190512172544692.jpg

IMG_8232_201905121725509d0.jpg

IMG_8233_201905121725528ba.jpg

IMG_8235_20190512172555334.jpg
生地はブロードではなく平織りのシャンブレー、さしずめレッドシャンブレーという感じか。





スポンサーサイト
IMG_4109_2019051217220965b.jpg
1950年代くらいのビンテージ、半袖のオープンカラーシャツ。
この時代、ワークやウエスタンで半袖シャツは滅多に存在しないがカジュアルシャツではかなり数多くの種類が登場した。
よく知られているハワイアン、ボーリングシャツなどからロカビリー系に比べれば一般的なカジュアルシャツはイメージが希薄だ。
まあレプリカでも古着でも派手な柄、プリント等が好まれる傾向から完全に逸れているので仕方がないが、そこまで無視しなくてもよいだろう、って気分もある。
人気が無いのと存在しないのは別の筈だが、同じようになっているのは正直、気分が悪い。
IMG_4110_20190512172210f7a.jpg
よく分からないマイナーメーカーですが、まあそこは広大なアメリカ、無数の小規模ブランド、メーカーが乱立していた。
ミルウォーキーのネームからウィスコンシン州にある都市を思い出すが関係があるのだろうか。
IMG_4103_20190512172200e98.jpg
薄手の織り柄生地。
細番手で織り上げられたファブリックは正にヴィンテージ、シャトル織機らしい風合いですね('ω')ノ
IMG_4104_20190512172202f74.jpg

IMG_4105_20190512172203a8d.jpg

IMG_4106_201905121722054ee.jpg

IMG_4107_20190512172206c73.jpg

IMG_4108_201905121722087eb.jpg
分かりづらいですがちゃんとセルビッジ付き。
まあ年代的に当然と言えば当然ですね('ω')ノ
まだシャトルレス織機が普及する以前の時代に作られた生地ゆえに。

IMG_4111_201905121722129c7.jpg





IMG_0770_20190512170403ebd.jpg
サンプルセールで以前、買ったウエアウエアのプリントTシャツ('ω')ノ
微妙に古いが、まあどうでもよいですね('ω')ノ
プリント不良が故のB品のようですが気にならんというか、まあそれ故に風情があるというか。
IMG_0773_20190512170407ce2.jpg
現在の定番である肉厚でスラブ感の強いボディーとは異なりますが十分、古風さと日本製らしい作りの良さ、ハンドクラフト感のあるTシャツですね('ω')ノ
IMG_0772_20190512170406b55.jpg

IMG_0771_20190512170405c1f.jpg
購入時からコレなので文字部分の色が抜けているのも、まあ古風なデザインにも見えなくはないし正直、全然気にならない。
アメリカ古着に見られる雑さに比べれば特に特に気にすべきではないが日本の新品市場の過剰な品質主義の前にはそうはいかない。
IMG_0775_201905121704101a4.jpg

IMG_0774_20190512170409be4.jpg
さて近年の気温上昇でTシャツ一枚の日が増えたのでまたプリントTシャツを着だしたが数年前まで全く着ない夏を過ごしていたが~まあしょうがない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WAREHOUSE ウエアハウス T-シャツ 4601 UNM
価格:5940円(税込、送料無料) (2019/5/29時点)







IMG_0776_20190512170143480.jpg
如何にもアメカジなデザインのプリントTシャツ。
時代性、流行、薀蓄関係なく誰でもどんな合わせにもある程度、自然にあわせられる定番性が良いですね('ω')ノ
国産アメカジの中では誇張や創作をしない分、派手さ、新鮮味、斬新さに欠けるウエアハウスとダブルワークスと言うイメージがありましたが最近はどうなんだろうか?
創作がまるで正しいビンテージレプリカのように誤解されていた2010年代前半に比べるとそのような潮流はだいぶ収まった気がする。
さて、そうなると変わらずに正しい姿をし続けるウエアウエアとダブルワークスのリアリティや自然な良さが見直されているのだろうか??
まあいずれにしろアメカジ、ビンテージレプリカのジャンルは以前ほど盛り上がっていないのはたしかですね('ω')ノ
IMG_0779_20190512170147c9c.jpg

IMG_0778_20190512170145922.jpg
以前はウエアウエアの兄弟ブランドでしたが正確には現在、別会社のブランドに変わっている。
とはいえダブルワークス自体はウエアウエア直営店や取扱い店で今でも普通に販売されているし、デザインや作りが大きく変わることはない。
IMG_0777_20190512170144a28.jpg






IMG_9729.jpg
既に出番が多い靴下、ドライボーンズのアンクル丈のソックス('ω')ノ
怪しげな蜘蛛の巣の図柄と絶妙な配色は見せる靴下としても使えますね('ω')ノ
IMG_9730.jpg

IMG_9727.jpg

IMG_9728.jpg

IMG_9726.jpg

IMG_9725.jpg







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドットソックス/ DRY BONES【ドライボーンズ】
価格:2808円(税込、送料別) (2019/5/18時点)



IMG_9743_20190512164718f67.jpg
アメリカ、ペンシルバニア州で1907年創業と百年を越える歴史あるミラーの半そでTシャツ。
タンクトップと同じく薄手で伸縮性のある素材。
如何にもアメカジのリアルな代表ブランドなのはヒストリー云々以前によく知られている。
そう繰り返しブームがあったからですね('ω')ノ
その都度、はじめてのブームのようにメディアに取り上げられ3パックの中身は開封され1枚ごとでやたら高く販売され、大手セレクトショップでも販売されていた。
まあ同じ現象を繰り返すのは日本における老舗ブランドの扱われ方としてはよくあるケースですがそんな繰り返しブームの中、単なる消耗品、下着扱いをされないでいるとこのようなカラフルなTシャツも登場する。
その他にもアンダーウエアらしからぬカラー、染色のTシャツ、タンクトップも過去登場したがブームが下火になるとあまり見かけなくなる。
IMG_9749_201905121647267e3.jpg

IMG_9745_201905121647203e9.jpg
さてモノ自体はアメカジの大定番、知らない人はいないでしょう('ω')ノ
あえて説明する必要はないでしょうね。
IMG_9744_20190512164719099.jpg

IMG_9747_20190512164723d38.jpg

IMG_9746_2019051216472237b.jpg

IMG_9748_20190512164724e4e.jpg

IMG_9750_201905121647273dd.jpg