FC2ブログ
03
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-03

ヨーロッパヴィンテージ スピルガ デニムワークジャケット

IMG_0317_2020021320224027f.jpg
年代不詳ですがさほど古くはないと思います('ω')ノ
ドイツ語で綿百の表記があるので、あちらの企業か~と思い内側をあさくるとスピルガのネームタグがあるので同社の製品のようですね('ω')ノ
スイスの現存するメーカーですが現代の衣類では無いようです。
IMG_0329_20200213202257b18.jpg
欧州モノのインディゴデニムは年代、地域に限らず微妙な色彩のものが多いがコレもそう。
今の日本人のヴィンテージデニムやレプリカデニムに慣れた価値観、視界からはそう見えるだけで、まあ全否定する必要はないですが色目の特徴からヨーロッパ系統と分かるのが思い白いところか。

IMG_0318_20200213202241661.jpg
トップボタン以外は前立てにきれいに隠れ、ポケットのデザインもかなり効いてますね('ω')ノ
アメリカらしい無骨で単純なモノも良いですがこれはこれで面白い。
IMG_0319_20200213202243460.jpg

IMG_0320_20200213202244c64.jpg

IMG_0330_20200213202259852.jpg
ボタンホールの内側を覗くと生地端があり、それは綺麗にトリミングされたような感じの房耳ですね('ω')ノ
生地の質感からグリッパーで織られた可能性もある。
IMG_0328_20200213202256339.jpg

IMG_0327_202002132022542af.jpg

IMG_0326_202002132022533ea.jpg

IMG_0325_202002132022528c4.jpg

IMG_0324_2020021320225061b.jpg

IMG_0323_20200213202248301.jpg

IMG_0322_2020021320224706c.jpg
そう言えばデッドストックでした('ω')ノ
色落ちと言うかフェードが楽しめそう。
IMG_0321_20200213202245c52.jpg












スポンサーサイト



アメカジ セール


















ヴィンテージ ブランド不明 デニムカバーオール

IMG_5321_202001261036039e5.jpg
割と近代のデニムカバーオール。
タグ類がないので正式には不明モノ、まあ労働着とカジュアルの中間というか兼用な衣類なんで、まあB級かんも決してマイナスではない。
トリプルステッチ縫製、懐中時計用胸ポケットなどそれなりにオールド感もある。
IMG_5329_2020012610361388f.jpg

IMG_5332_202001261036165f9.jpg
内ポケもありますね('ω')ノ
色残りも9割という具合か、まあのんびりと色落ちも楽しめるルーズな上着です。
IMG_5328_20200126103611e0a.jpg

IMG_5331_202001261036143d0.jpg

IMG_5327_2020012610361073a.jpg

IMG_5326_202001261036091b6.jpg

IMG_5325_202001261036075f1.jpg

IMG_5323_20200126103606d57.jpg

IMG_5322_20200126103605d5d.jpg












セール

















1952年3月27日は豊田喜一郎の命日

TOYODA (188)
3/27はトヨタ自動車の創業者にして国産自動車産業の父、豊田喜一郎の命日ですね('ω')ノ
偉業の詳細は数年前のテレビドラマ「リーダーズ」及び「リーダーズⅡ」で描かれているので今更ながら再度、脚光を浴びていた。
と言う事で名駅傍、トヨタ産業技術記念館も一時期、盛況でしたが近年はさすがに落ち着きを取り戻しつつある。
トヨタ系の博物館は他にもあるがそちらは車オンリー、こちらは先代の豊田佐吉を中心に繊維機械に関しても展示が多いのが特徴ですね('ω')ノ
あとは実際の製造過程や実物、復刻の旧車など、でしょうか。
toyoda (270)

toyoda (271)
豊田喜一郎氏の展示コーナーで繊維機械が出てくるのは必然。
豊田佐吉の助手として親子で繊維機械の研究開発に尽力していたことは意外と知られていない。
実用化されてないが戦前、数多くの特許をとっており、それらは戦後の繊維機械開発に有効活用されている。
(日本より欧米がそうだが、特許=商品化、ではない。発明の特許が登録されても諸問題で実用化、製品化されないものは山ほどある。ので意外にもこの世に出回るよりはるか以前に考案さてている技術、発明と言うのは山ほどある。
豊田親子の特許の中にはも当時の技術力では生産不可能な繊維機械も多くある。
豊田佐吉は発明初期、特許の管理を企業任せにした為に、その企業と対立後、自らの発明だが使えなくなる苦境を実感したが故、親子それぞれの個人名でありとあらゆる発明を登録したと言う説もある。
どちらにしろ戦後、GL3、GL9等現在、セルビッジデニムを作る為に稼働しているシャトル織機のコップチェンジの技術は生前の豊田喜一郎が発明した技術をベースにしたものとされている。
つまり戦後、自動車へシフト後、死後であっても繊維機械、ひいては国産繊維産業は豊田喜一郎の影響、恩恵を受けていると言う事ですね('ω')ノ
流石、戦前の繊維産業紳士録にその名を刻む偉人ですな。)
TOYOTA (199)

toyoda (38)

toyoda (20)

toyoda (18)

toyoda (8)

toyoda (6)
さてドラマでもお馴染の復元された戦前の車両も展示、イベントでの走行などしている。
toyoda (25)

toyoda (251)
有料展示エリアにはその旧車の生産風景も再現展示されている。
toyoda (254)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LEADERS II リーダーズ II [ 佐藤浩市 ]
価格:3818円(税込、送料無料) (2020/2/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LEADERS リーダーズ [ 佐藤浩市 ]
価格:6892円(税込、送料無料) (2020/2/13時点)









2020年新作アメカジTシャツ













NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (490)
ショップ&イベントレポート (291)
コレクション紹介 (2624)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード