IMG_0641_2017090206530112b.jpg
シチズンの1940年代頃の腕時計。
スモセコで10型と如何にも戦前戦後の腕時計って感じですね('ω')ノ
稼働はまあ普通ですね現役ですがいつまで持つかは少々不安なところ。
IMG_0642_20170902065303275.jpg
ベルトもほぼ当時モノです。
金具や革自体の品質の悪さから長持ちはしないと思うがその場合に代わりとなるベルトを探すのはそれなりに難しいが探すのも楽しみの一つですね('ω')ノ
IMG_0643_20170902065304044.jpg
説明不要の手巻き時計。
IMG_0644_20170902065306ec1.jpg

IMG_0637_20170902065300de7.jpg
今よりも人間のサイズが小さい時代なのでベルトはかなり短い、ギリギリです。
1970年代以前の国産時計のベルトはどれも短い。
IMG_0616_20170902065257942.jpg
国産時計の品質がまだ欧米ほどじゃない時代と言うのはたやすいが正に国全体が貧し時代の時計なので全て劣るのは当然ですが、それ故に独自の味わいもあるって事ですね。
何せ同時代、昭和20年代の洋服はほとんど現存していないだけに現代に残り、更に実用出来るのはありがたい限りですね('ω')ノ
この時代の国産デニムは穿きつぶされ存在さえしていない事にされてしまったが、腕時計は当時は高級品であり、メーカーや産業が一直線に残り、続いているだけにある程度の実物と情報は残り続けている。
IMG_0617_201709020652591e5.jpg
基本的に現代の時計よりも数段脆いので扱いは慎重にしないといけない。






にほんブログ村
スポンサーサイト
IMG_8563_20170829212419c5b.jpg
懐かしのエアジョーダンの1994年製の復刻モデル。
今では復刻やアレンジ復刻のようなシューズが普通にある時代と違いマイケル・ジョーダン現役時代は毎年新作を出すものの旧作のエアジョーダンを再販売する事はなかったがジョーダンが引退した事により急遽販売されたのがこれら復刻シリーズですね('ω')ノ
この他にもエアジョーダン2、2のローカット、3等が販売されたが隠退を取りやめバスケに復帰した為これら初期の復刻シリーズは継続しなかったがそれ故にその後のスニーカーブームでは80年代のオリジナルより買いやすい対象として定価以上の人気を集めたのが~懐かしい過去ですね('ω')ノ
IMG_8564_20170829212421e4f.jpg
箱は復刻シリーズ専用のオリジナルボックス。
IMG_8565_20170829212422c25.jpg

IMG_8566_201708292124242cc.jpg
赤い紐は交換したものです。
本当は黒い紐ですがジョーダン本人が赤い紐にかえて試合に出ていたのでマネする人が多く~私もマネした(笑)
IMG_8562_2017082921241879f.jpg

IMG_8561_201708292124166b0.jpg
歴代エアジョーダンが独自のデザイン路線で発展する前、ナイキのスニーカーの一つに過ぎなかった時代の一足故に80年代バッシュらしい古臭い外観の良さと言う見方もある。
IMG_8567_20170829212425323.jpg
包み紙も独自のデザインで結構プレミアム感ああった印象ですが~まあ只の靴と言えばそうだし、今でもそうではないと言えばそうではないですね('ω')ノ







にほんブログ村


にほんブログ村
IMG_0214.jpg
とあえず残暑の季節でも問題ないモノだけ続けました。
長袖シャツやG-ジャン類はいずれまた~と言う事ですね('ω')ノ
IMG_0304_20170829061921441.jpg
既にヴィンテージのブームは終焉し現存するラングラーも以前のような特別感はなくなっても過去商品と言うか時代錯誤的な衣類趣味の者には世界の変化は無関係だったりする。
IMG_3055_20170829061922447.jpg

IMG_3381_201708290619234f1.jpg

IMG_3575_20170829061925c9d.jpg
個人的にも年がら年中、ラングラーやブルーベルって恰好じゃなくなりましたが初心に戻るような行いをツイしたくなりますね('ω')ノ







にほんブログ村


にほんブログ村

IMG_1522_201708171912076ea.jpg
ブロークンデニム全盛の七〇年代らしい紫がかったブルーデニムというか~ダンガリー素材ですね('ω')ノ
デッドストックですがフラッシャーが残念ながら欠損しています、そのフラッシャーには何故かダンガリーではなくデニムと表記されている。
デニムとダンガリーが似たような生地なのは確かだ、アメリカの古い文章ではごっちゃにされているのを見かける事がある。
時代が更に進むと販売メーカーでさえも区別が曖昧化している。
IMG_1524.jpg
ラングラー的にはブロークンデニム全盛時代でありながら綾織り生地と言うのが新鮮かつ伝統的に感じる。
IMG_1536_201708171912279e6.jpg

IMG_1530_201708171912184fe.jpg
フロントポケットにはスクラッチレスリベットが付きラングラージーンズとの類似箇所があり、ラングラーである事を強く認識出来る。
IMG_1529.jpg
トップボタンは汎用パーツで実に味気ない。
IMG_1528.jpg

IMG_1527.jpg

IMG_1526_20170817191213e0d.jpg

IMG_1525_20170817191212eea.jpg

IMG_1521_20170819062739cfc.jpg
品番のMDZはメンズ・ダンガリー・ジップフライの意味だろうか。
IMG_1520_201708190627371ce.jpg
ラングラーと言えばウエスタンウエア、ウエスタンジーンズですが1960年代後半には流行りのテーパードパンツや同シルエットのカラージーンズを販売する程、ブランドとしての商品構成はかなり多様化し既にカジュアル化も果たしていたがワークウエアまで同名で販売する効果はあったのでしょうか?
この他にもワークシャツ、カバーオール等も販売していましたが当然ブルーベル、ケイシージョーンズ、セッジフィールド、ビッグベン等とかぶった商品だったりする。







にほんブログ村


にほんブログ村
IMG_1523.jpg
ジーンズブランドとして1947年に誕生したラングラーですが1960年代頃には妙な具合に多様化している。
このペインターパンツのようなワークウエアも過去に販売されていた。

そもそもブルーベル社が同名ブランドのワークウエアとは差別化する為にあえて別ネームで始めた筈だがその区別は10数年で曖昧化し、同社が展開する各ブランドネームで同じような商品を販売する一見して混沌とした状態になっていた。
勿論メインの商品はそれぞれで個性を保っているが、それさえもマーベリックのようなジーンズブランドを平行して展開する事で差異が更に曖昧化した。
さてこのペインターパンツに関してもラングラーではあるがブルーベル、ビッグベン等でも当然のように販売されおりインサイドタグの印刷が消失すると区別がつかなくなってしまう。
IMG_1532_201708171912213b7.jpg
基本的な外観はダンガリー素材のペインターパンツのそれである。
IMG_1537_20170817191229465.jpg
7本ベルトループ。
IMG_1541_20170817191235ace.jpg
トリプルステッチ縫製。
IMG_1540_2017081719123391d.jpg

IMG_1539_2017081719123253d.jpg

IMG_1538_20170817191230e2c.jpg
裾はシングルステッチ。
IMG_1535_201708171912264ce.jpg

IMG_1534_201708171912246db.jpg

IMG_1533_201708171912231b4.jpg

IMG_1531_2017081719122001a.jpg
スコービルジップ。








にほんブログ村


にほんブログ村
IMG_1783_20170817190345c3b.jpg
六〇年代後半の異素材ジーンズと言えばカツラギを中心にした綾織のカラー生地でした。
以後の時代のポリコットンのカツラギやコーデュロイとは異なる時代を表わす素材なのでこれもヴィンテージらしい歴史を背負っているというか素材感の良さはやはりヴィンテージならでは、である。
IMG_1796_20170817190404a13.jpg
六〇年代終盤に採用された白タグ、定番の七本ベルトループと色はデニムと違えどもラングラーの後ろ姿である。
IMG_1793_20170817190400751.jpg
インサイドシーム、アウトサイドシーム両方とも13MWZと同じくダブルステッチ。
IMG_1789_2017081719035433f.jpg
リベットレス故にカンヌキ補強。
IMG_1799_2017081719040943a.jpg
ウエストバンドに残る糸は紙タグを留める為の糸です。
あらゆるジーンズで紙だけはがしてコレは残っているのを昔も今もよく見かけるがそれはアメリカ古着では、ですね('ω')ノ
IMG_1798_20170817190407356.jpg

IMG_1797_20170817190406231.jpg
比較的キレイなサイレントW。
IMG_1795_20170817190403057.jpg

IMG_1794_20170817190401bd3.jpg

IMG_1791_2017081719035774e.jpg
裾の処理は定番のシングルステッチ。
IMG_1790_20170817190355f09.jpg
ここらアタリの忘却されたジーンズ類は復刻されることは無い、現行品で類似商品が出る事もない、のでホンモノでしか手に入らないヴィンテージジーンズだったりする。










にほんブログ村

にほんブログ村