IMG_9740.jpg
本当はカフスリンクスと呼ぶのが正しいのだが・・日本ではカフスボタンと呼ばれている。
まあ縫い付けているボタンの代わりなので意味としては通じるが、それは日本でのみですね。
IMG_9739.jpg
デッドストックなのでキレイ過ぎて古く見えない。
IMG_9738.jpg
いや実はコレもデッドストックでした。
IMG_9737.jpg
そう云えばこれもデッドストックなので全部アンティークなんですが時代を感じさせる経年変化がありませんね(^^)/
スポンサーサイト
IMG_3090.jpg
昨日のバンドカラーシャツの生地違いです(^^)/
襟無しシャツは1930年代以前の古い時代をイメージさせるが一歩間違うと現代の東南アジアのシャツっぽくもなるので生地選びも重要ですね('ω')ノ
IMG_3096.jpg
シンプルですが、まあそれが良い('ω')ノなるべくベストと合わせたい。
IMG_3095.jpg

IMG_3094.jpg

IMG_3093.jpg

IMG_3092.jpg

IMG_3091.jpg

IMG_3097.jpg
スペルバウンドと言えばデニムブランドのイメージが以前は強かったが~最近はデニム以外の製品の方が多いイメージですね('ω')ノ
IMG_3079.jpg
近年リアルクロージングの世界でも流行りの襟無しシャツ。
岡山のデニムブランドと云うかメーカー、ドミンゴがスペルバウンド・ネームで販売したシャツですね('ω')ノ
IMG_3088.jpg
襟無しですがトップボタンまで普通に揃っている。
IMG_3084.jpg
袖カフスは短め。
IMG_3083.jpg
股間を覆う裾のデザインを取り入れ1930年代以前のシャツを思わせるが基本的に裾は短い。
また袖も細く形状に近いがある。
IMG_3081.jpg

IMG_3080.jpg

IMG_3089.jpg

IMG_3087.jpg
当然ながら日本製、コットン100%生地。
IMG_3086.jpg
IMG_4314_20170305203110728.jpg
鮮やかなストライプ生地の襟無しシャツ。
胸ポケット付きでボタンは包みボタンと古臭いディティールを幾つか盛り込んでいるが襟の無いシャツでありながらチンストが付く。
IMG_4320_20170305203118e38.jpg
ブランドタグ。
IMG_4309_201703052031018cf.jpg
チンスト付きなのでしめてみると台部分の長さが際立つ。
IMG_4310_20170305203103db1.jpg
包みボタン。
IMG_4311_2017030520310491e.jpg

IMG_4312_20170305203106a84.jpg
首元を開くとチンストが目立つ。
襟が無いのでなんだがおさまりが悪いと言うか、違和感を感じる。
IMG_4322_20170305203121e67.jpg
首回りから前立裏に掛けて物布が貼られている。
IMG_4321_20170305203120be0.jpg
袖口。
IMG_4319_201703052031174da.jpg

IMG_4318_2017030520311564e.jpg
マチ付き。
IMG_4317_20170305203113337.jpg
ユニオンチケット。
IMG_4316_201703052031120c9.jpg
当然ながら裾は普通の長さ。
IMG_4315_20170305203110873.jpg

IMG_4313_20170305203107267.jpg
単品で着るのも良いがベストと是非合わせてきたいデザインのシャツですね(^^♪
IMG_4604_20170305202804e87.jpg
色目が定番デニムとは異なるドライボーンズのデニムベスト。
同素材でジャケット等もあったようですがベストを購入('ω')ノ ステッチのカラー共々、微妙に違いと言うか個性を感じるベストですね(^^♪
IMG_4613_20170305202817c55.jpg
ブランドネーム。
IMG_4605_20170305202806327.jpg
大き目のネコ目ボタンを採用し、懐中時計のチェーンを通すホールが開けられている。
IMG_4606_20170305202807815.jpg
右側だけに配置された胸ポケットは懐中時計を入れる為のもの。
IMG_4607_20170305202808746.jpg
当然、私はいつものようにアンティークの懐中時計を入れますが、このような使い方をしている人は意外と少なく少々残念に思う(´・ω・`)
折角このようなディティールを再現してくれたんだからちゃんと実用してこそ活きると言うモノですね。
別にアンティークじゃなくても懐中時計自体はクオーツでちゃんと今でも普通に販売されているので何かしら試してほしいモノですね。
IMG_4608_201703052028106ab.jpg

IMG_4609_20170305202811ba6.jpg
紫色のステッチは意外とデニムと相性が良い。
IMG_4610_20170305202813792.jpg
背面にはバックルバック付き。
IMG_4611_20170305202814d63.jpg
古臭いパーツやディティールは復刻衣類の特徴ですね('ω')ノ
IMG_4612_20170305202816d78.jpg

IMG_4614_20170305202819f11.jpg
さてデニムなので経年変化、色落ちを楽しみたい衝動に駆られるベストですね('ω')ノ
ジーンズ共々これも楽しみたい。
IMG_6695.jpg
昨日の続きです。
素材が素材だけに純粋な真っ白じゃないスラブ感のあるヴィンテージファブリックですね('ω')ノ
IMG_6709_2017030206012548d.jpg
腕部の付け根~肩口の特徴的で手の込んだ作り。
IMG_6706_201703020601213d4.jpg
ブランドネームタグ。
IMG_6702_201703020601157e7.jpg
ユニオンチケット。
IMG_6699.jpg
かなり変形な左右非対称の胸ポケット。
IMG_6698.jpg
反対側には懐中時計を入れる胸ポケットになっている。
IMG_6697.jpg

IMG_6696.jpg

IMG_6694.jpg

IMG_6710_20170302060127595.jpg
過去にもミツルでは同素材を採用したオーヴァーオールズを大江洋服店製造で販売しており、それを所有している場合、上下セットアップが出来る。