IMG_8302.jpg
ヘインズの現行モデルです('ω')ノ
中南米生産に移行後の現行品、まあ普通の今の無地Tシャツですね('ω')ノとは言えそこはヘインズなので適度な肉厚さ、国内品よりも安い、と庶民ブランドとしてその価値は高い。
IMG_8304_2018061420093971c.jpg
90年代~00年代のレプリカブームの際、レプリカブランドのTシャツをほめる為の対比として、直ぐに伸びるヘインズと揶揄されていた。
そのような発言は個人、店、メーカー関係者と繰り返されており90年代に服に興味を持った人の多くは検証無しにそれを受けいれたが80年代の途中から肉厚なヘビーTEEをメインにリリースしていたヘインズには少々おかしな評価でもあった。
むしろ当時のレプリカメーカーのTシャツの方が伸びやすいモノが多かったり中にはそもそもアンビルやユナイテッドアスレのタグをカットして上から自社タグを追加しただけの自称自社製Tシャツもあり、まあ現実世界とは正しいとされる情報とは必ずしも一致しないと言うハナシですね('ω')ノ
IMG_8305_201806142009417bc.jpg
アンダーウエアとしては異質の黒色、アメリカ企画なのでやや大き目ですね('ω')ノ
適度な厚みのコットン生地で着心地が悪くなるほど固くは無い、適度な気安さです。
IMG_8306_20180614200942d4d.jpg

IMG_8303.jpg

IMG_8301_2018061420093654c.jpg
まあ本当、普通の無地Tシャツですがそれ故に扱いやすい着やすい一枚ですね('ω')ノ
そして懐に優しくアメリカの雰囲気をちゃんと持っているTシャツです。









スポンサーサイト
IMG_6324.jpg
最近はニューオールドストックと呼ぶデッドストックの無地Tシャツですね('ω')ノ
1960年代のパック詰めTシャツで同等品二つですがブランドタグに微妙な違いがあったりします。
IMG_6326.jpg

IMG_6325.jpg

IMG_6327.jpg
同じく60年代のタグなんですが表記内容など違いが見られる。
未開封ですがTシャツ自体は多分、違いはそうないと思われます。
IMG_6328.jpg

IMG_6329_20180614195213b6e.jpg
Tシャツの歴史において各社がこぞって新しい試み、セールの仕方などに切磋琢磨していた時代の品々は半世紀を越えた現代でも魅力ですね('ω')ノ
IMG_6330.jpg

IMG_6331.jpg

IMG_6331a.png
歴史を感じる、歴史あるヴィンテージを所有する自己満足よりも身につける自己満足の方がより健全ですね('ω')ノ
そう、既に何枚かおろして普通に着ています。









IMG_4615_2018061419485040f.jpg
Tシャツ文化と共にあった、と言うかそのものと言えるヘインズの無地Tシャツですね('ω')ノ
1960年代のバインダーネックタイプで50年代後半から60年代に掛けてはバインダーネックがある意味、流行した時代でヘインズ以外にもラッセル、ヘルスニット等がそれぞれ独自の伸びない首回りを目的にした商品展開をしていた。
IMG_4618_2018061419485718e.jpg
単に生地をバインドしただけでなく端にテープ補強も追加されている。
この時代のビンテージTシャツを楽しむ際のポイント、ディティールの一つですね('ω')ノ
とは言いつつも賛同を得るケースは皆無に近い。
IMG_4615a.jpg

IMG_4616_20180614194854de8.jpg

IMG_4615b.jpg

IMG_4617_201806141948569f5.jpg
下着系統の生地にしては地厚で丈夫ですね('ω')ノ
いつの時代でもプリントの無いTシャツは人気がなく年代関係なく安く買えた時代があったが・・最近はビンテージ無地Tシャツの人気も高くなり安く買える買えない、ではなく見かけるケース自体が減少した印象です。
IMG_4619_20180614194859179.jpg
説明不要ですが胴体は筒編み、裾部分の縫製はステッチが目立たない内縫い縫製。
ある意味、当たり前ですね('ω')ノ
IMG_4620_2018061419490035e.jpg
所謂、クロウト向けとされるビンテージ古着ですね('ω')ノ









IMG_8260_201806090701218e7.jpg

IMG_8263_20180609070126d10.jpg
昔はVネック等のラウンドした首元のTシャツはオッサンの肌着扱いでしたが~それも今は昔と言うか依然としてそのような肌着は存在しますが曲線にしろ鋭角にしろ首元が大きく広がったお洒落なTシャツと言う別のジャンルが国際的に認知されてますね('ω')ノ
これはドープの製品なので当然、メイドインジャパンですがアメリカ製やアメリカ規格でもよくあると言えばよくある、ですね('ω')ノ
IMG_8262_2018060907012408d.jpg
裾の背面にプリントが入るのがフルーツ染めTシャツのお約束。
IMG_8261_201806090701232e5.jpg

IMG_8259_201806090701208f6.jpg

IMG_8258_201806090701196ef.jpg
ブランドラベルは製造時期により異なりますがコレはかなりデカイですね('ω')ノ
すっかりビンテージ復刻やアメカジとは無縁な存在となったドープアンドドラッカーですがそのような束縛がない分、アパレルとしては自由にやれるし、買う側も普段とは違う楽しみを得られるが・・
IMG_8257_20180609070118321.jpg
あの情熱に満ちた国産ビンテージ復刻ジーンズは、もうドープアンドドラッカーの製品で見ることは無いかもしれないと思うと少し寂しい気もしますね('ω')ノ









IMG_8251_20180609065840554.jpg
ドープの定番Tシャツの一つですね('ω')ノ
とはいえ、いつなくなるか分からないし微妙に年度により違いもがるが~
IMG_8250_20180609065839d14.jpg
いわゆるビンテージレプリカ、アメカジではない国産カジュアル衣類ですね('ω')ノ
パターンや素材感の良さ、デザイン等からも服好きの大人には昔から人気のブランド、人気のアイテムですね('ω')ノ
IMG_8249_201806090658373ce.jpg

IMG_8252_20180609065842eb6.jpg

IMG_8254_201806090658439e6.jpg

IMG_8256_20180609065846741.jpg

IMG_8255_201806090658454ea.jpg






2018.06.15 ORIENT WATCH
ORIENT




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリエント ORIENT 腕時計 メンズ 自動巻き レザー ホワイト
価格:31471円(税込、送料別) (2018/6/7時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリエント ORIENT 腕時計 レディース ブラック×シルバー
価格:6134円(税込、送料別) (2018/6/7時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリエント ORIENT 腕時計 レディース レザー ブラック
価格:9288円(税込、送料別) (2018/6/7時点)