IMG_2182.jpg
ヴィンテージらしさは皆無だがデニム好きには避けて通れないのがこのインディゴ染めTシャツですね('ω')ノ
デニム素材と同じように色落ちを楽しむ、風合いを楽しむ素材として各社が定期的にリリースする。
IMG_2193_2017060307010563d.jpg
オールコットンで勿論メイドインジャパンですね('ω')ノ
IMG_2190_2017060307010186c.jpg
染料に関する注意書きもあるタグが付属する。
実際、洗濯すると洗濯機が真っ青になるので色移りには当然ながら注意が必要。
IMG_2188.jpg

IMG_2187_201706030700585df.jpg

IMG_2186_20170603070057efc.jpg

IMG_2185.jpg

IMG_2184.jpg

IMG_2183.jpg

IMG_2192_20170603070104efc.jpg

IMG_2191_20170603070102fa7.jpg
スポンサーサイト
IMG_2251_20170603065752954.jpg
アメカジ、アメリカ古着では定番の杢グレー生地のプリントTシャツです。
まあ古い人間にはどうしても食指が伸びてしまう存在ですね('ω')ノ それ故にオムニゴッドに限らず多くのメーカーが今でも作り続けている。
IMG_2259_20170603065803813.jpg
生地はオールコットンで日本製。
IMG_2254_20170603065756aa8.jpg

IMG_2255_20170603065757bf3.jpg

IMG_2253_2017060306575584a.jpg

IMG_2252_20170603065753121.jpg

IMG_2256_20170603065759701.jpg

IMG_2257_20170603065800881.jpg

IMG_2258_20170603065802b6c.jpg
縫製仕様は割とヴィンテージに忠実ですね('ω')ノ
ホンノ5,6年前まで何故かジーンズと違いTシャツの縫製仕様は全然ヴィンテージらしくないヴィンテージ復刻が主流でした。
それも昔のハナシになりつつあるようですね('ω')ノ
IMG_1003.jpg
旧リアルマッコイズ時代のプリントTシャツ。
世界で初めて音速を越えた男として知られるチャック・イエーガー氏がプリントされていますね('ω')ノ
当時のマッコイズではマックイーン以外にも特定の人物に焦点を当てた商品展開をしていたがコレもその一つ。
正直、軍モノには興味は無いがTシャツのボディーが良かった('ω')ノ当時のヴィンテージ復刻の中でもトップクラスの再現度でした。
ジーンズをメインに展開されていた復刻の世界ではまだまだTシャツまで手が回らないメーカーが多くアンビル等の市販のTシャツにプリントを入れただけのメーカーもあっただけに異彩と言うか特別視されていた。
だからと言ってその当時のメーカーを悪く言うつもりは全然無い、アンビル等のタグを残した状態にむしろ正直だと感じた。
IMG_1005.jpg

IMG_1006_201706030654194ca.jpg

IMG_1007_20170603065420e5b.jpg

IMG_1008_201706030654226ac.jpg
何はともあれ懐かしいTシャツですね('ω')ノ
IMG_7311_2017053121132261c.jpg
Go Green Market in NAGOYA
毎年の恒例になりつつあるゴーグリーンマーケットですが今年、2017年のGWにも行ってきましたので今更ですがその当時のハナシです。
場所は毎回ここ、ノリタケの森です。
約百年前の赤レンガと豊富な緑地が魅力の場所ですね('ω')ノ
IMG_7312_201705312113240df.jpg
アンティーク雑貨、アクセサリー等の物販がメインのイベントですが会場の広々とした開放感や歴史ある建造物と言う空間に囲まれた場所と言うのは特別な感情を持たせる~と言いたいが、アンティーク愛好家の人でも、あまり赤レンガの歴史性やその存在に関心を持つ人は少ないようで少し残念(´・ω・`)
IMG_7313_20170531211325672.jpg
ヴィンテージファブリックや金具などの素材を活かして現代のレザー等と組み合わせたリメイク&ハンドクラフト物の鞄や小物を販売するお店もある。
日常に溶け込みやすい古物の再利用のあり方にも魅力を感じる。
IMG_7314_201705312113266c7.jpg

IMG_7325_20170531211328ae5.jpg
飲食店も多々出店している。
全体的に客層は女性や子供連れが多い印象を受けます('ω')ノ
雑貨の中には古くないがデザインや雰囲気の良いモノ、ゴーグリーンらしく植物の商品もあるが、やはり女子向けの印象が強い感じがしますね('ω')ノ
屋外イベントでは珍しく新品のレザーシューズや衣類の販売店もありましたがやはり女子向けでした( 一一)
IMG_7326_2017053121132953c.jpg

IMG_7327_20170531211331a22.jpg

IMG_7328_2017053121133203d.jpg

IMG_7330_20170531211333467.jpg

IMG_7331_20170531211335f68.jpg

IMG_7332.jpg

IMG_7333.jpg
さて毎年行って思うのが正直、販売されているどんな年代物の雑貨、什器であってもこの建物類よりも古い物はないのではないか?と思えるほど圧倒的な空間に酔いしれる一時でした。
IMG_7695_2017053121105836e.jpg
名古屋アンティークマーケット
2017年5月28日に開催された第一回 名古屋アンティークマーケットに行ってきました。
普通の街中の一角で車道を封鎖して行われたイベントで場所も狭く規模はアンティークや骨董を標榜する様々なイベントに比べるとかなり見劣りしますが出店するお店のハイレベルさがそれを補ってもあまりある見事なイベントでした('ω')ノ
IMG_7696_20170531211100d65.jpg
オープン前からも大盛況でフライングスタートしていたとか。
IMG_7697_201705312111012d2.jpg
愛知県内、特に名古屋市外でそれぞれ活動しているお店が集まっているのは普段行かれていない方には非常に有難いイベントでですね('ω')ノ
私もアメリカンアンティークの濃厚な空気感を感じれて非常に満足です。
IMG_7698_20170531211102af6.jpg
さて僅か一日のみ開催のイベントですが次回、第二回も予定されているそうな、それも期待出来ますね('ω')ノ
IMGP0131.jpg
Tシャツと言えばアメリカ文化を象徴するスタイルだったのは過去のハナシ、今ではほぼ世界共通の、ですね('ω')ノ
あえてアメカジと言うワードを使う必要がないほど夏場の普通のスタイルですね('ω')ノ
でプリントTシャツです。
IMG_7537.jpg

IMG_7530.jpg
主に1970~80年代のモノがアメリカ古着では主流ですね('ω')ノ
IMG_5677_2017052512513407a.jpg

IMG_5676_2017052512513230c.jpg
過去、若い頃から買いまくり~今では、いや既に山のように所有し軽く数年も着ていないTシャツも多い・・いや中にはデッドストックのままの物も多々ある。
IMG_3631_20170525125132662.jpg

IMG_3628_201705251251309b6.jpg
既に一生分のTシャツがあったりするが~
IMG_1267_2017052512512869d.jpg
それでもやはり気にいった柄やボディーに出会うとツイツイ買ってしまう。