FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-07

ヴィンテージ コンティーノ ボックスシャツ 1960年代日本製

IMG_6850_202005311629165a6.jpg
RN14848とファクトリーナンバー表記があるように、日本製ですがちゃんとアメリカ企業の製品ですね('ω')ノ
1960年代、1964年の自由化以降、安く服を作る為に日本へ進出したアメリカ企業も多く、EXBROOK社はその一つでブランド名は異なるが色々なシャツを日本で生産しアメリカで販売していた。
現代の日本でも日本企業の大半が中国製、ベトナム製の衣類を販売してるのと同じ現象ですね('ω')ノ
当時のアメリカでは日本以外にもフィリピン、台湾、香港、韓国等を生産地に利用していたが、その後の日本の経済発展に合わせて日本製のアメリカ衣類は1970年代以降、ほとんど見られなくなる。

IMG_6860_20200531162931d22.jpg

IMG_6854_20200531162922085.jpg

IMG_6853_202005311629213be.jpg
デザイン的にはフィフティーズですが素材的には60sらしいチェック柄というミックス具合が面白いですね('ω')ノ
IMG_6852_2020053116291953f.jpg

IMG_6851_202005311629182ad.jpg

胸ポケットは綺麗に柄合わせされているので一見して分かりづらい。
IMG_6855_202005311629244d2.jpg
トップボタンはループフック留め、オープンカラーシャツと同じ仕様。

IMG_6856_202005311629250c6.jpg
ヴィンテージらしいステッチ具合。
裾の両サイドには調整用ボタン付き。

IMG_6857_202005311629276a2.jpg
前立て裏にはセルビッジ付き。
生産は日本だが生地の供給元も日本なんだろうか?


IMG_6858_202005311629289d3.jpg

IMG_6859_2020053116293003b.jpg
















スポンサーサイト



手打うどん かとう

KATOU (5)
全然、行けていない食シリーズ今回は「手打うどん かとう」さんです('ω')ノ
名古屋市中村区にあり、まあ正直、疫病蔓延の影響以前にミシュランやら、なんやらの影響で全然行ってないです。
流石に長時間並ぶのが面倒だし、周辺に特に用もないので本当に行けていない。
人気店になるのは良い事なんですが気軽に行けなくなると正直、足が伸びなくなるが~まあ、いずれは久しぶりに訪れたいですね('ω')ノ

KATO (9)

KATO (7)

kato (5)
過去の画像を見ると汁無しばかりですね(;^ω^)
まあ、それのみって店でもないし、ちゃんと食べた記憶はあるが、たまたま画像が残っていないと言うか~

kato (4)

kato (1)

ヴィンテージ ドレイク 半袖イタリアンカラーシャツ 1970年代

IMGP0344_202005311624524b1.jpg
夏らしいアメリカ古着です('ω')ノ
昔はワーク、ウエスタン、ハワイアン、ミリタリー、ロカビリー以外の半袖シャツは年代は無関係に過小評者されていた分、安く買えた利点があったが近年では物自体を見かける機会が減少した気がする。
まあ、と言う事でなんてことはない昔のカジュアルシャツですが現代にはない雰囲気を軽く楽しむには良い一枚ですね('ω')ノ

IMGP0345_20200531162453fad.jpg

IMGP0346_20200531162455404.jpg

IMGP0347_20200531162456670.jpg

IMGP0348_2020053116245804d.jpg

IMGP0349_20200531162459f23.jpg

IMGP0351_20200531162503d94.jpg

IMGP0353_20200531162506dfa.jpg
スラブ糸の使い方が日本の着物っぽいですね('ω')ノ
IMGP0352_20200531162504c18.jpg















中華料理 風龍苑

IMG_3880_20200706190835e28.jpg
名古屋市中川区にある中華料理店「風龍苑」さん。
基本的には一人では無く複数人で食べに行く場所なんですが・・以前は定期的にお世話になっていたが、今年は疫病蔓延の影響で一度も行けてない。
と、言う事で過去画像です('ω')ノ

IMG_3881_2020070619083697b.jpg
過去の食を振り返りつつ、そのうち再び行ってみたいですね('ω')ノ
IMG_3882_202007061908381fa.jpg

IMG_3883_20200706190839a74.jpg

IMG_3884_202007061908416b7.jpg
中々の多彩なメニュー当然、複数で食べる料理構成ですね('ω')ノ
このへんは行く人数の変化で食のメニューが大幅に変わる楽しみがあるって感じでしょうか。

IMG_3885.jpg

IMG_3324_20200706190833450.jpg
なにはともあれ、東海地区の疫病状況はたいぶ好転しているので近いうちに、ここも含めてですが久しぶりに訪れたいですね('ω')ノ

ヴィンテージ E&W ヘンリーネック・プルオーバーシャツ

IMG_6836_20200531162237c9a.jpg
アメリカンヴィンテージではお馴染のE&Wのシャツですが、ワークやウエスタンではなく60年代のカジュアルシャツですね('ω')ノ
半袖モノでは多い部類に入るデザインで薄手のマドラスチェックか単色の生地が多く、中にはレースアップや裾部分に遊んだデザインを取り入れたものもあるなど古着好きにはお馴染・・と言いたいが所謂、不人気アイテムの一つで人気がない以前に認知されてない。
まあ60年代固有のモノ自体があまり評価、認知されてないのが実情か・・
さて60年代と言えばタートルネック、モックネックのような首付き人気があり、半袖カットソーでも普通にモックネックが多かったですがその逆とも言える襟無しヘンリーネックと言うルーズな首元も並行して存在していたのは面白い。
似たようなデザインでカットソー類も同時代には無数に存在するがTシャツ、半袖スウエットの場合、ヘインズ、チャンピオン等の大手の物も多く、まあシャツよりは評価、人気があるような、ないような~あるいはブランド人気か?

IMG_6840_202005311622431a7.jpg
元々カジュアルとしてデザインされているので着丈が短い物が多いにも特徴ですね('ω')ノ
同じ時代の半袖プルオーバーシャツでもボタンダウンシャツの場合、長めの着丈が多いですがヘンリーネックとオープンカラーシャツの場合、基本は短いのが多い。

IMG_6841_202005311622457bf.jpg
二本針縫製。
IMG_6839_202005311622423b2.jpg

IMG_6838_202005311622402e7.jpg

IMG_6837_20200531162239c10.jpg














すゞ家 大須赤門店

suzuya (117)
疫病蔓延の影響で大須自体に約3か月も行かないと、当然、すゞ家さんにも全然行けていない。
一応、非常事態宣言解除後に一度、行ったが、まあその回数自体がいかに大須に行ってないかを表わしている。

SUZUYA (172)
と、言う事で過去の美味の総集編的なネタですが・・まあ、今後は行きやすい状態になると期待し、過去の楽しみが未来の楽しみと結びつく事を想像しよう。
SUZUYA (173)

SUZUYA (179)

SUZUYA (175)














NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (299)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード