IMG_7311_2017053121132261c.jpg
Go Green Market in NAGOYA
毎年の恒例になりつつあるゴーグリーンマーケットですが今年、2017年のGWにも行ってきましたので今更ですがその当時のハナシです。
場所は毎回ここ、ノリタケの森です。
約百年前の赤レンガと豊富な緑地が魅力の場所ですね('ω')ノ
IMG_7312_201705312113240df.jpg
アンティーク雑貨、アクセサリー等の物販がメインのイベントですが会場の広々とした開放感や歴史ある建造物と言う空間に囲まれた場所と言うのは特別な感情を持たせる~と言いたいが、アンティーク愛好家の人でも、あまり赤レンガの歴史性やその存在に関心を持つ人は少ないようで少し残念(´・ω・`)
IMG_7313_20170531211325672.jpg
ヴィンテージファブリックや金具などの素材を活かして現代のレザー等と組み合わせたリメイク&ハンドクラフト物の鞄や小物を販売するお店もある。
日常に溶け込みやすい古物の再利用のあり方にも魅力を感じる。
IMG_7314_201705312113266c7.jpg

IMG_7325_20170531211328ae5.jpg
飲食店も多々出店している。
全体的に客層は女性や子供連れが多い印象を受けます('ω')ノ
雑貨の中には古くないがデザインや雰囲気の良いモノ、ゴーグリーンらしく植物の商品もあるが、やはり女子向けの印象が強い感じがしますね('ω')ノ
屋外イベントでは珍しく新品のレザーシューズや衣類の販売店もありましたがやはり女子向けでした( 一一)
IMG_7326_2017053121132953c.jpg

IMG_7327_20170531211331a22.jpg

IMG_7328_2017053121133203d.jpg

IMG_7330_20170531211333467.jpg

IMG_7331_20170531211335f68.jpg

IMG_7332.jpg

IMG_7333.jpg
さて毎年行って思うのが正直、販売されているどんな年代物の雑貨、什器であってもこの建物類よりも古い物はないのではないか?と思えるほど圧倒的な空間に酔いしれる一時でした。
スポンサーサイト
IMG_7695_2017053121105836e.jpg
名古屋アンティークマーケット
2017年5月28日に開催された第一回 名古屋アンティークマーケットに行ってきました。
普通の街中の一角で車道を封鎖して行われたイベントで場所も狭く規模はアンティークや骨董を標榜する様々なイベントに比べるとかなり見劣りしますが出店するお店のハイレベルさがそれを補ってもあまりある見事なイベントでした('ω')ノ
IMG_7696_20170531211100d65.jpg
オープン前からも大盛況でフライングスタートしていたとか。
IMG_7697_201705312111012d2.jpg
愛知県内、特に名古屋市外でそれぞれ活動しているお店が集まっているのは普段行かれていない方には非常に有難いイベントでですね('ω')ノ
私もアメリカンアンティークの濃厚な空気感を感じれて非常に満足です。
IMG_7698_20170531211102af6.jpg
さて僅か一日のみ開催のイベントですが次回、第二回も予定されているそうな、それも期待出来ますね('ω')ノ
IMG_1775_20170410091818b62.jpg
再び大須の食に戻ります。
さて普段アルコールとは無縁な私ですが居酒屋です、まあ飲まずに食べるだけですがちゃんとした料理なので安心感を持って夕食時に利用できるお店です。
IMG_1776_2017041009182086d.jpg
焼きそば
IMG_9513_201704100918201bc.jpg
焼きさんま
IMG_9515_20170410091822b23.jpg
鮪の刺身
IMG_9656_20170410091823270.jpg
サラダ
IMG_9657_201704100918257bf.jpg
他にもメニューは豊富ですね('ω')ノ
基本的に友人ら複数の場合に利用します。
IMG_8636dry.jpg
普段から頻繁に行く店の画像を都合よく用意している筈はなく昨日と今日以外の紹介でお世話になっているお店は多いだが~( 一一)
IMG_8635o.jpg
国産リプロの中では老舗の一つドライボーンズの名古屋直営店。
昔からジーンズのみに特化していた訳じゃないのトータルで様々衣類、アクセサリー等を販売しいます。
でほぼ全て国産、メイドインジャパンってのはこの業界の強みですね('ω')ノ
IMG_2562_2017041009002532c.jpg
最近はメイソン風の意匠を取り入れた衣類や小物が多くショップ袋にも。
IMG_4368_20170410090027b8b.jpg
古い時代のアメリカ服がモチーフですがロカビリー、フィフティーズのラインがメインなだけにその強すぎる個性から好き嫌いが分かれやすいブランドと言うイメージがありますが、ワーク、ミリタリー、ドレス、ドレス&ワーク、和柄と多様な側面もあるので食わず嫌いをやめれば意外と誰でも使える服があると言う印象です。
IMG_5355.jpg

IMG_5352_20170410090027953.jpg
IMG_1679 - コピー
そもそも昔から大須に出かける目的はヴィンテージや国産リプロ等の衣類を買うのが最大の目的なのは時代が移り変わっていっても普遍の私的真理ですね('ω')ノ
と言う事で今回は古着屋さん、まあ古着屋と言うのはアンティークな年代の服や什器も販売しておりアンティークショップと呼ぶ方が適切かもしれない。
何せ最近の若い子向けの古着屋さん全然古くない、いわばレギュラー古着、つまりほぼ現代服の中古品ばかりなので年代やジャンル、作りや価値等全然違うので。
IMG_0778_201704100854005c8.jpg
さて、そんなミツルさんですが最近はヴィンテージだけじゃなく国産リプロダクトにも力を入れている。
大江洋服にオーダーした同店オリジナルのヴィンテージ復刻ラインのカバーオール、ジーンズ、鞄類等を多数販売している。
作りには関しては大江洋服店らしいアンティークミシンで仕立てあげたヴィンテージと同等の作りや計算され調査されて得られたデザイン、ディティール等、どちらかと言えば国産リプロマニアよりもヴィンテージマニアを唸らせるような逸品揃いですね('ω')ノ
IMG_0775_20170410085358b82.jpg
と言う事で同点で購入したアパレルの数々~
IMG_6414.jpg

IMG_6688.jpg
さて本質はヴィンテージなので膨大なヴィンテージクロージングには常にご厄介になっております。
これら私物のデッドストックTシャツの大半は同店で入手したものばかりです。
IMG_6926_20170410085405bd5.jpg
ヴィンテージバンダナ等、アクセサリーや雑貨等小物類も豊富で、これら私物コレクションの大半も同じように同店での買い物の結果でもありますね。
IMG_9972.jpg
今回も老舗と言うか、変り映えがしないというか~まあ、そんなものでしょうね。

さて昔ながらの、お蕎麦屋さんですがソバ以外もあります。
ここしばらくは、きし麺を食べるケースが多いですね~実はきし麺自体はさほど好きじゃないのですが、ここは特別です(^^)/
IMG_9971.jpg

IMG_9651_201704100847165dd.jpg
比較的さっぱりした味わいを楽しみたい時にはなんであれ美味しきいただけるお店です。
IMG_9650_201704100847157ce.jpg

IMG_8677_201704100847142c4.jpg
勿論、そばも外せない。