FC2ブログ
12
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2019-12

トヨタ産業技術記念館~其の一

toyoda (42)
明治時代末期から続く工場跡地を利用したトヨタグループの博物館ですが私的には国産自動車産業の展示よりも赤レンガの建物や繊維紡績機器の方が魅力的である。
toyoda (44)

toyoda (41)

toyoda (50)

TOYODA (79)
有料エリアに展示されている中の一つ~スーパーローダーはコップチェンジ式の緯糸自動交換機器である。
それまでG系統のシャトル織機はシャトルチェンジ式だったが。
戦前はそれでも良かったが戦後の技術革新による新ワインダー体系に対応する為ノースロップ式等と同じコップチェンジ式にする必要から開発されたもので正確にはノースロップ式とは異なるコップチェンジ機器である。
G系統ではG3型にオプションとして取り付けられて以降、G8型以降では標準装備として以後のG系統の必需品的パーツとして凡そ1960年代~1980年代において重宝された。
toyoda (83)
そしてG3型。
デニム好きにはウエアハウスのデニム生地を織る為に現在でも運用されている逸話で馴染み深いですね('ω')ノ
戦前、戦後初期のG型に続く人気機種で新型機開発の盛んであった繊維紡績産業隆盛期のある意味、後半を象徴するシャトル織機ですね('ω')ノ
G3型はG型の後継機種として開発され薄手、中厚、厚手と多様性に富んだ生産能力があり様々な用途で日本中、そして輸出された海外でも活躍した歴史を持つ。
toyoda (103)
このG3型自体はG型と同じシャトルチェンジ式だがオプションのスーパーローダーを取り付ければコップチェンジ式にもなる。
G3型の後期には初めからスーパーローダーを装備したGL3型が生産されている。
現在ウエアハウスのデニムを織っているのは正確にはそのGL3型である。
toyoda (104)
トヨダ製以外の繊維機械も19世紀から20世紀、と言うか明治、大正、昭和の希少な産業機械が数多く並ぶ。
TOYODA (155)

toyoda (90)









スポンサーサイト



「クリムト展ウィーンと日本1900」豊田市美術館 其の二

クリムト (17)
画像がまだあるので昨日の続き~今度は美術館の表側から~
クリムト (18)
お土産袋を持っている人多数、まあそうなりますね('ω')ノ
クリムト (16)

クリムト (15)
そう言えば、愛知トリエンナーレも別会場でやっていたようですが当然、行っていない。
正直、興味ないので。
まあ、ここの展示とは別に今回は政治的なプロパガンダアートの影響で悪名だけが日本中に広まった。
冷戦崩壊までの90年代までは共産主義者、社会主義者の専売特許的な憎悪と虚偽にあふれた自己陶酔アートを未だにやっているのに驚きと笑いを覚えた('ω')ノ
クリムト (14)
そう言えばクリムト作品はナチスの言う退廃芸術の烙印を押され迫害されたような気がするが・・
この並びは、ある意味、自由を謳歌している証拠である「表現の不自由展」とやらへの強烈な皮肉に感じる。
クリムト (13)

クリムト (12)


クリムト (11)










「クリムト展ウィーンと日本1900」豊田市美術館

クリムト (6)
2019年7月23日から10月14日まで豊田市美術館で開催されたクリムト展に行ってきました('ω')ノ
既にイベントは終了し、展示も撮影出来ないので、まあ外側の雰囲気だけですね(;^ω^)
クリムト (7)
訪れて驚いたのは人の多さ、正に人!人!!人だらけ!!
基本的に人ごみが嫌で人気スポットや初詣など行かない者としてはこの観客数は苦手であると同時に意外でした。
そもそも日本の商業化された最近のアート事情に疎かった故の感想だがミュシャ人気も思えばそうだし、以前のラッセン等の人気もそんな具合だったな~って感想もある。
純粋なアート嗜好の無い自分だが、現代のイラストアートにも通じると言うかルーツ的な側面もあるクリムト等は子供の頃から興味の対象の一つだった。
クリムト (8)
さて商業的にはトリミングされて美麗な女性や幼児のイラストのイメージが強いが本来は不気味さや退廃的ともさえる要素も同時に描いているのが本来のクリムト作品ですね('ω')ノ
都合よく美しいものだけを取り出して商品化するやり方はクリムト以外の多くの芸術作品のキャラクター商品で見られる手法のようですね('ω')ノ
クリムト (9)
で、豊田市博物館の一部風景。
クリムト (10)

クリムト (5)

クリムト (4)

クリムト (3)

クリムト (2)
ちゃんとお土産も買っている('ω')ノ
商業化されているのでお土産の品数、種類は滅茶苦茶、膨大でした。
まあそのようなキャラクター化も現代のアートの楽しみ方の一つですね('ω')ノ

クリムト (1)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グスタフ・クリムトの世界 女たちの黄金迷宮 [ 海野弘 ]
価格:3520円(税込、送料無料) (2019/10/13時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリムト原寸美術館 100% KLIMT! [ 千足 伸行 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/10/13時点)



Nagoya Antique Market~過去レポ 其の二

ANTIQ (2)
またしても過去レポです('ω')ノ
使いまわし感たっぷりの画像ではあるが~今週末2019年11月16、17日の土日に開催されるナゴヤアンティークマーケット直前ってことで割と次節ネタにもなる(^^♪
ANTIQ (7)
アンティーク雑貨、家具、ディスプレイのイメージ通りの出店が多いのも事実ですが飲食や植物まどマルシェっぽい出店も多いが、あまり画像を撮ってない。
ANTIQ (11)
画像はアメリカンヴィンテージが多いが現在では日本の骨董、昭和レトロ雑貨、欧州モノ、東欧モノなどジャンルは雑多ですね('ω')ノ
とは言え馴染み深い大須の古着屋も出店しているので服への欲求に対応してくれる。
antiq (13)

antiq (15)
そして東別院と言う歴史ある寺院が会場だけにそちらの関心や楽しみ方もあります('ω')ノ
antiq (18)

IMG_9656_20191113191032d65.jpg

IMG_9649_20191113191030e6f.jpg

IMG_8201 - コピー

IMG_6482_201911131910277f7.jpg
何はともあれ今週末は楽しみですが日曜日が今回もサンビルとバッティングするのが微妙なところか。

Nagoya Antique Market~過去レポ

ANTIQ (22)
今週末、2019年11月16、17日の土日に開催されるナゴヤアンティークマーケット第6回を直前に過去レポと言う名の使いまわし画像です('ω')ノ
ANTIQ.jpg
東別院で開催されるアンティークマーケットですが近年、数多く開催されるマルシェと骨董市、古着市が合体したようなイベントになっていますね('ω')ノ
まあその中でも飛ぶ抜けて男向けのお店が多いのも確かですね('ω')ノ
数多くの古着屋、アンティークショップとマルシェにありがちな、いやメインの女子向けジャンルのショップも出ていますが、まあそれらとは別にちゃんと複数あると言うのがうれしいところか。
とは言え大須に実店舗がある古着屋など見知った顔が多いのも特徴ですね('ω')ノ
ANTIQ (21)

ANTIQ (20)

ANTIQ (4)
と言う事で毎回、古着屋が数多く出ているのがアンティーク系、骨董市系とは違う個性ですね('ω')ノ
毎年10月~11月にかけて屋外イベントが幾つもありますがコレも定番化したイベントの一つなので今年も一応、行く予定です。
ANTIQ (3)

ANTIQ (2)

IMGP0243_201911100857222c4.jpg

IMG_4761_2019111008572103e.jpg

IMG_0101.jpg

「円頓寺秋のパリ祭」&「クラフトマルシェ in 円頓寺本町」

2019年度は今週末、11/9,10の土日に開催されるパリ祭とクラフトマルシェ、まあ正直、隣接したエリアと言うか商店街で開催されるので知らずに行けば分からないくらいワンセットのイベントと化していますね('ω')ノ
で今回は過去の同イベント風景から~
PARI (2)

PARI (1)
円頓寺商店街の昭和な雰囲気に合う出店から~まあお洒落なお店等々と言う感じだがお洒落な出店にはあまり興味がない。
PARI (3)

PARI (6)

PARI (7)

PARI (8)

PARI (11)

PARI (14)
男臭いヴィンテージリメイクの世界も今年も少しはあるでしょうか。
そういう出店があるから行かないわけはない。
PARI.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (444)
ショップ&イベントレポート (285)
コレクション紹介 (2586)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード