FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-07

手打うどん かとう

KATOU (5)
全然、行けていない食シリーズ今回は「手打うどん かとう」さんです('ω')ノ
名古屋市中村区にあり、まあ正直、疫病蔓延の影響以前にミシュランやら、なんやらの影響で全然行ってないです。
流石に長時間並ぶのが面倒だし、周辺に特に用もないので本当に行けていない。
人気店になるのは良い事なんですが気軽に行けなくなると正直、足が伸びなくなるが~まあ、いずれは久しぶりに訪れたいですね('ω')ノ

KATO (9)

KATO (7)

kato (5)
過去の画像を見ると汁無しばかりですね(;^ω^)
まあ、それのみって店でもないし、ちゃんと食べた記憶はあるが、たまたま画像が残っていないと言うか~

kato (4)

kato (1)

スポンサーサイト



すゞ家 大須赤門店

suzuya (117)
疫病蔓延の影響で大須自体に約3か月も行かないと、当然、すゞ家さんにも全然行けていない。
一応、非常事態宣言解除後に一度、行ったが、まあその回数自体がいかに大須に行ってないかを表わしている。

SUZUYA (172)
と、言う事で過去の美味の総集編的なネタですが・・まあ、今後は行きやすい状態になると期待し、過去の楽しみが未来の楽しみと結びつく事を想像しよう。
SUZUYA (173)

SUZUYA (179)

SUZUYA (175)














手打そば処 丁字屋

CYOUZIYA (6)
冷たい麺が食べたくなる季節~と言えば、迷わず利用するのが大須の丁字屋さんですね('ω')ノ
ざるそばが定番ぽいですが、私的にはざるきし麺も中々です('ω')ノ

CYOUZIYA (5)
天ざるきし麺を注文する頻度が私的には高いが、まあそもそも、きし麺自体さほど好きではなかったが、まあここは別格ですね('ω')ノ
CYOUZIYA (4)

CYOUZIYA (8)

CYOUZIYA (16)
時には、ちゃんと蕎麦も食べます('ω')ノ
写真は全て過去のものでが、一応、最近も一回は行っています。
疫病蔓延の影響で全然行けてないので、二月以降はその1回のみ、です。
これからは自然と行く頻度は増えると思います、いや思いたいですね(;^ω^)

CYOUZIYA (12)

今さらの2019年の有松絞りまつり

ARIMATU (7)
残念ながら今年、2020年の有松絞りまつりは中止になりました。
これも全て疫病蔓延の影響。
と言う事で昨年の同時時期に開催された同まつりの今更のレポとも言えない写真ですね('ω')ノ

arimatu (13)
古い町並みと伝統的な染物製品のセール販売が主なイベントの特徴ですが、通常店舗で販売しているところ以外、出店のような感じで販売しているところもあり、類似系統の商品ばかりなのは当然ですが店舗数は意外に多かった印象があります。
近年では伝統の柄以外、更には和服や手ぬぐい以外の製品にも用いられておりTシャツから半袖シャツ、まあメンズよりも女子向けの方が種類、数共に軍配が上がる。
とは言え夏になると名古屋市長は有松絞りのシャツ、今年は既に綿マスクを着用する等、地域の伝統産業を見につけアピールしているが・・今の名古屋市長をよく思っていない地元マスコミは話題にする事は全然ない気がする。

arimatu (14)

arimatu (15)
やはり女子服多し、まあやや高齢向きか。
arimatu (16)

arimatu (17)
古い町並みも人だらけで全然見えない(笑)。
開始そうそうの時間帯だった気がするが、この後、更に人が増え、どえらい事になるが、まあそれだけ狭い区画に人が密集するイベントは当然、現在の状況では難しい。

arimatu (18)

arimatu (19)

arimatu (21)
現在は観光地地域化しているので、祭りが無くても開いている店舗や風景で楽しめると思うが~、まあ兎に角、残念ですね('ω')ノ
arimatu (20)
来年は疫病蔓延もおさまり、無事に開催される事を願うばかりですよ('ω')ノ

















半田赤煉瓦建物

HANDA (45)
愛知県半田市にある赤煉瓦建物。
戦前まで存在したカブトビールの工場跡地を改装した観光施設ですね('ω')ノ
明治時代の貴重な産業遺産、歴史遺産を拝める他に地域の地場産業のお土産品もあったりする。
マスク不足の影響から昔ながらのガーゼマスク、綿マスクの需要が高まると知多木綿が以前、その産地だったことを思い出す。
江戸時代には既に存在を確認できた知多木綿は単純な平織りで染めてない晒木綿だ。
他地域へ販売され染色産業が盛んな地域の素材にも活用されていたようだが特徴的な生地や図柄などはなく繊維産業衰退と共に消滅の危機が心配されている。
現在、ガーゼ織りのストールやハンカチ等、単純な製品が知多木綿の名称で販売を確認出来るくらいですね('ω')ノ
同じ地域と言う事でココでも少しお土産コーナーで販売されていた事を記憶している。
だが現在は休館中で確認出来ない。
handa (93)
と言う事で過去画像です。
今はまだ行けない場所を懐かしむだけのネタですね・・
HANDA (42)

handa (23)

HANDA (20)

handa (11)
3月、4月とイベントは中止に。
5月以降はどうだろうか・・
handa (8)

HANDA (4)

handa (3)

handa (1)
明治、大正、昭和、平成と長い歴史と時間の中、幾つかの困難を乗り越え、解体される事無くなんとか現存する赤煉瓦の建物なんで令和の苦難も乗り越えてきっと残り続けてくれるでしょう。










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

型染めの手ぬぐい <森>
価格:1780円(税込、送料別) (2020/4/6時点)


博物館明治村

博物館明治村

MEIJI (5)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で様々な商業施設、イベントが中止になり、開園している場所どころか日常の商業施設すら行きづらい日常が続いていますね。
と、言う事で気分転換的に過去画像ですが外の世界~観光施設として愛知県犬山市にある「博物館明治村」です('ω')ノ
県民にとって社会見学で子供時代、学校行事でほぼ必ず行くであろう場所の一つですがその雄大な自然と明治時代を前後する貴重な文化遺産、産業遺産、歴史遺産の本来の価値に感動できるのはある程度、知恵をつけた大人じゃないと神髄は楽しめるない気がする。
MEIJI (4)
産業遺産ってことで繊維機械もちゃんとある。
MEIJI (8)

meiji (11)
タイムスリップ感のある膨大なエリア故か、大正時代ぽいコスプレ女子から、よく分からないコスプレの皆さんも見学と言うより撮影に楽しんでいる様子も散見された。
別にイベントで、と言う訳ではないようだ・・当然、その様子を盗み撮りはしてないが・・
個人的には大須のコスプレサミットの余波?で神社仏閣で少々、無礼な恰好や行動で撮影会をやるよりも邪魔にならないので、まあいいか、と言う感じです
meiji (15)

meiji (16)

meiji (17)

meiji (18)

meiji (21)

meiji (22)
ある意味、ここも癒しの空間ですね('ω')ノ
三月は途中から休館していたようですが四月に入り、一応はオープンしたようですが・・またしても休館中です。
早いオープンと疫病の終息を願うばかりです。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日下部金兵衛 明治時代カラ-写真の巨人 [ 中村啓信 ]
価格:4180円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (299)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード