FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-01

Wrangler Light flannel Western shirt

*ブランド名:ラングラー
*モデル名:ライト・フランネル・ウエスタンシャツ
*生産国:中国(日本企画)
*素材:コットン100%
*年代:00年代

現在、日本で普通に買えるラングラーのウエスタンシャツ。
1970年代初頭にVANが取り組んだラングラーの日本市場参入はVANと云うフィルターを通してアレンジされたラングラーでありアメリカ本国のそれとはやや異なるものであった。
その影響か現在エドウィン傘下の日本法人の展開は過去とは違うもののアメリカ本国のそれとはやはり違うものでエドウィンにより企画・生産されている。
だが果たして母国の本格的なウエスタンウエア、ワークウエアとしてのそれが日本で受け入れられるだろうか?

さて毎年定期的に販売されているフランネル生地のウエスタンシャツでセールで半額以下で購入した昨年以前のものです。
基本のデザインは定番化した日本固有のレギュラーモデルでアメリカのレギュラーモデルやヴィンテージ、オールドとも微妙に異なる。
ラングラージャパン時代の基本を受け継いでいるものの二本針縫製の徹底した採用等多少の違いもある。
IMGP8337.jpg
ヴィンテージではありえない異素材モデルでもブランドの主張、サイレントWが両胸ポケットに施されちゃんと中央がクロスしたヴィンテージ仕様。
フラップ上には織りネーム・タグが付属するが○Rのない昨今の日本企画固有のパーツだ。
IMGP8338.jpg
ブランドタグが1970年代の赤文字白タグを模倣しているが微妙に違いがありラングラージャパン時代のデザインをほぼ継承しているので日本の昔からのファンには馴染み深いだろう。
尚ヴィンテージとは違いロープロゴのWとrがちゃんと繋がっている。
サイズは表記Mサイズ、量販店向け一般流通品らしくサイズ展開は貧弱でM、L、XLの三展開、以前のM、L二展開よりはマシだがこれでは全ての客層に提供しているとは云えない。
戦後の洋服文化において日本人がジャストサイズの着こなしが出来ない理由としてアメカジを指摘する評論家もいるがそれは正確ではない、アメリカ本国の多彩なサイズ展開に比べると日本の量販市場の貧弱なサイズ展開が原因だろう、そして輸入販売するメーカー、企画・製造するメーカーらの。(昨今はユニクロを中心に悪しき傾向は修正されつつあるようだ)
いささか憤りを感じるが普段Sサイズの私の場合、このタイトな型紙のMサイズはスウェットの上から羽織るのに適している、着丈のバランスもだ。
それ故にダウンベストと合わせる際、露出した腕部のボリューム不足を補うのに丁度良い具合になる。
IMGP8339.jpg
円形のスナップボタンはYKK製、裏側にYKKネーム。
以前のような現行品でもスコービルが使われていた時代が懐かしい。
IMGP8340.jpg
インサイド。
脇の巻き縫い箇所はちゃんと生地を織りこんで施されている、そしてその側にインサイドタグ。
IMGP8342.jpg
現在のラングラーが日本ではどのような立ち位置にいるのか一目で分かる表記が並ぶ。
一部の復刻系統ジーンズ類以外は国産品は少ないのが現状だ。(母国アメリカでもテキサスの工場閉鎖によりアメリカ製は無くなり全てのアパレルが中南米製になっている)
IMGP8343.jpg
背面。
ウエスタンヨークはアンブレヨークのスタイルを採用しヴィンテージ感を演出している。
IMGP8344.jpg
定価は五千円アンダーとお買い得なシャツだがそれが更に半額となれば買わない手はない、久しぶりに手にしたエドウィン企画のシャツは、まあ普通と云うところか、格別褒めあげる程でもないが軽視する程不出来でもない。
こだわりのレプリカブランドでもトップスには手を抜くブランドが多いだけに値段を思えば買って損はしないでしょうし中途半端な国産よりマシなケースもあるので生産国のみで絶対的な評価は出来ない。
勿論、魂のこもった高品質な素材やヴィンテージに忠実な逸品を望む方にはお勧めしない、選択肢の幅は広い、そして人には自身で物を選ぶ自由な権利があるからだ。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (497)
ショップ&イベントレポート (295)
コレクション紹介 (2676)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード