FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-01

VINTAGE BIG-YANK JEANS 1970's

*ブランド名:ビッグヤンク
*モデル名:不明
*生産国:アメリカ?(表記なし)
*素材:右綾デニム
*年代:1970年代

表題にヴィンテージと明記したが年代的にはオールドとも呼べる微妙な年代のジーンズ。
ブランドは19世紀末イリノイ州シカゴで誕生したリライアンスマニュファクチュアリングカンパニーのワークブランド、ビッグヤンク。
1919年に商標登録されWWⅡ以前の未成熟なアメリカンクロージングの時代からワークウエアの大手ブランドとして個性的、独創的、そして定番に繋がるアイテムを数多く展開した歴史あるブランドだ。
ワークシャツやそれに類するワークジャケットのイメージが強いが1960年代以降においてはジーンズブランド等と大差ない商品展開を行っていたようだ。(当時において別にビッグヤンクのみ、ではない)

本格的なジーンズと云う意味ではどうしても世界の三大ブランドの模倣的になってしまう弱点はビッグヤンクに限った話ではないが事実としてそうなったのは事実だ、ブランドとしての歴史の古さなどこの場合関係ない。
そして当時らしく?ラングラー的な要素の強いデザインだ。(ジーンズにおいてリーバイスの模倣が盛んだったのは1950年代前半くらいまでで以後はラングラーを模倣したラングラータイプの方が多い、理由は定かではないが他社のOEMを手がけるブルーベル社はデザインやディティールの模倣にもおおらかだった為だろうか)
IMGP1702.jpg
サンフォライズされた右綾デニムは表記こそないものの14オンスはあるだろう。
肉厚にしてザラ感が強く微小な縦落ちや強めのアタリが期待で出来るデニムで、それ自体は全くラングラーぽくないが両サイドアウトシームが閉じていたりバックポケット上のネームパッチ等、類似点は容易く目に入る。
パイプドのかかったストレートのシルエットも13MWZとほとんど違いはない。(同時期のヤンクのジーンズで左綾デニムも存在する)
IMGP1698.jpg
バックヨークの向きもラングラーと同じ下向きだがステッチはトリプルステッチと多少違いはあるがラングラーでもMWZ系統以外では採用されていたので違いとは云えない。
バックポケットの形状もよく似ているがスクラッチレスリベットによる補強はない。
ラベルはラングラーのパッチと素材、サイズ共に良く似たプララベル。
飾りステッチはXのライン、これ以前及び以後でも見られビッグヤンクにおいてある程度、定番化した飾りステッチだ。
画像にはないがポケット縁、バックヨークの帯上下の縫製はチェーンステッチでラングラー似の仕様だ。
IMGP1699.jpg
ベルトループは6本とラングラーより1本不足しリーバイスより1本多い、そのアンバランスさはセンターループがなく背後の2本がセンターよりに配置されているかだ。
ベルトループ自体の取り付け方はラングラーのように後付け縫製でなく先付け縫製となっている。
IMGP1701.jpg
右フロントポケットに配置されたコインポケットは後付け仕様でラングラーよりリーバイスに類似するが工程の手間を考えた仕様だと云うべきだとう。
フロントポケットにはリベットが打たれ補強されている、それはスクラッチレスリベットだがラングラーより小粒で微妙にサイズが違う、スコービル社のパーツではないのだろうか。
IMGP1703.jpg
ジッパーは見慣れないSTAGGネーム、ラングラー同様の後付け縫製でテープは化繊テープ。
IMGP1706.jpg
インサイドタグはこれのみ、ブランド及びメーカー名やサイズ、素材、生産国等を表記したタグは見当たらない。
ラングラーのように帯部分に紙タグが付いてるモデルもあり、そこにしか表示されていないようだ。
IMGP1707.jpg
生地裏。
粒感やスラブ感が見て取れる、セルビッジの見当たらないジーンズだが生地の良さは確信出来る。
サイドシームのトリプルステッチは生地を綺麗に折り畳んでチェーンステッチを掛けている。
裾の処理は黒に近い紺色の糸でチェーンステッチ縫製、ラングラーでは既に放棄された仕様をここではあえて行っている。
折幅は広くステッチ位置は折り返しギリギリではなく多少離れた位置にあるが実際ヴィンテージ、オールドではその方が多い。
IMGP1697.jpg
トップボタンは汎用パーツでスナップボタン。
メンズでも割とジーンズブランド以外のジーンズでは採用している事が多い、ラングラー同様のハイウエストで前記したように13MWZとよく似た型紙だ。
IMGP1704.jpg
名の知れたワークウエア・ブランドの商品だがそれがジーンズとなればとたんにB級的な雰囲気が漂ってくる。
三大ブランド以外の注目されないジーンズはどれも微妙な存在だがそれ故に他者との差異を好むジーンズマニアには特別視される。
そもそもB級云々と感じるのは製造されてから何十年後、アメリカから遠く離れた日本人達の偏った知識や情報から来るものであり決して劣った存在ではない。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (490)
ショップ&イベントレポート (291)
コレクション紹介 (2624)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード