FC2ブログ
02
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-02

THE REAL McCOY'S TYPE A-2 "REAL McCOY MFG"

*ブランド名:リアルマッコイズ
*モデル名:A-2
*生産国:日本
*素材:ホースハイド
*年代:2006~7年

ラングラージーンズを中心に大半のヴィンテージ・アメリカンクロージングに興味を持ち手を出している当方ですが唯一物欲と知識の対象から外れているのがミリタリーとハワイアンです。(二つ挙げた時点で唯一じゃないが)
そんな訳でアメカジ好き(厳密にはレプリカオンリーの、だが)の定番である夏のアロハ、冬のフライトジャケットには無縁な日々を過ごしてきた。
正確にはFJを所有していない訳じゃない、過去セールでキャブやバズのナイロンFJを何十着も買ってきたが結局着ないので手放してしまい現在も手元にあるのはWEP等数着のみ、それも10年以上前のバズとくれば所有し続ける理由は”着る着ない”ではなく愛着の問題に過ぎない。
そしてA-2である、興味ないと云いながらも数年おきになんとなく欲しくなる物欲癖がうずきアウトレット・セールにて購入。
その為、詳細はよく分からない数年前のモデルだ、そして情報や知識なく手を出すのは私的には珍しい、だがまあいいだろうたまにはね。
IMGP7923.jpg
リアルマッコイズが軍納入メーカーであったら~と云う架空設定のモデルで多少アレンジされているようだが詳細なスペックや比較対象も所有していないので特に語れないがホースハイドの染色ムラとシボ感の強烈さが特徴で、その物珍しさと半額の値段につられて購入。
アウトレットとデカデカとスタンプが押され、ポケット内側のマッコイズのタグにも鋏が入れらているが着用に問題はない。
IMGP7924.jpg
レザーの質感は面白くこのような皮革が当時存在したとは思えない、どうであろう。
IMGP7925.jpg
台襟仕様で型紙はボックス・スタイルでアームは太く、ある意味忠実と云えるだろうか。
現在も仕様を変えてマッコイズ・ネームのA-2は販売されているがそれらとは明らかに異なる。
IMGP7927.jpg
デジカメの画像より実物のランダム感は強くつなぎ合わせ個所で質感の異なる革を採用する手法がいたるところに行われているが意図的か偶然かは分からない。
IMGP7926.jpg
薄く明るい茶系統に統一された配色はシンプルだがジーンズは元よりインナーの色合わせも合わせやすい。
ルーズ気味のシルエットの関係で厚着の上から着用可能で冬場での出番も多い、ただし着丈は短めなのでお腹が冷えやすいが(笑)。
IMGP7928.jpg
ジッパーはタロンのベル型を採用、動きはスムーズでレザーストラップの使い具合も悪くはない。
IMGP7929.jpg
所謂、新生マッコイズの製品です、多分永久に新旧の名称でマッコイズは語られる可能性がある。
一部のマニアに感情的な判断で品質を過小評価され続け、旧マッコイズ程のヒット作はないものの安定して高品質のアイテムを作り続けているブランドであるのは確かだ。
前記したようにミリタリーに興味がないのでA-2に限らず大半の商品はセールでしか今後も買う事がないだろう、それ故にメーカーや熱烈なファンに少々後ろめたい思いもある。
IMGP7930.jpg
さてマッコイズと云えばデニム製品もメインジャンルだろう。
ジョーマッコイ復活にはさほど興味はないがマッコイ・ラングラーには当然のように関心がある。
昨年秋の発売予定から遅れまくってようやく今年の春前には販売しそうな気配だ。
これだけ待たしてくれたのだから期待以上の出来栄えを誇示して欲しいが・・さて?どうなることか。
IMGP7931.jpg
最後にA-2と云えばミリタリーの王道ではるがそうでもない一面もあるのを付け加えておきましょう。
第二次世界大戦後、民間に広がった衣類としてジーンズ、Tシャツ、FJのその後を我々は生きているのであって、そうA-2タイプの革ジャンではないA-2それ自体が街着として活用された時代もあった。
その為、昔のアメリカ映画やドキュメンタリー等で普通に着用されている光景を目にすることが出来、型にはまったスタイルではないその自然なクロージングとしての在り方はミリタリーと云う括りを越えたA-2の普遍的な存在感を感じる事が出来る。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (480)
ショップ&イベントレポート (291)
コレクション紹介 (2611)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード