FC2ブログ
03
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-03

MANIFOLD DETAIL WORKS直営店来店レポ其の5

レザーブランド、マニフォールド・ディティールワークスの直営店舗兼工房の来店レポの第5弾。
同一日に撮影した画像で持続したネタもこれで一通り出し切りました・・最後は製品が出来上がる過程のほんの一部を紹介します。

工房~つまりは実際にそこで製造しているだけあって素材である革は豊富に保有している。
ロール巻きされた革の数々がどのような姿に生まれ変わってゆくのか楽しみである。
IMGP9495.jpg
これまで様々な素材の皮革、更にはなめしに挑戦してきたマニフォールドだが昨今は爬虫類系統の採用頻度が多いのは2010年新作で分かるだろう~無論、裏マニフォールドのように真逆な超シンプル路線も2009年の登場以来、定番路線として確立されている。
IMGP9508.jpg
油分をたっぷり含み艶やかな表面を誇る鰐革は革の屈折に合わせて内部の色素も移動するプルアップレザーだ。
そして裁断は型紙に合わせて手作業で行われる。
IMGP9506.jpg
強固で丁寧な縫製は革専用のミシンで行われる。
過去に手縫いも行い、手縫い、ミシン縫いのいずれの特徴も知りえた上での結論の一つである。
(あれほどデニム、ブーツ、スウェット等において各専用のミシン縫いが重要視されるのに対してウォレットのみが手縫いが重宝がられるおかしな現象を冷静な目と判断で客観視すれば年代判定云々など以前に物としての品質としてどうであるのか直ぐに気づける事ではある。)
IMGP9560.jpg
細やかなコバの処理は手作業で行われる。
IMGP9582.jpg
リベットの打ち込み工程。
IMGP9609.jpg
完成に至るまでの数々の工程のほんの一部ですがオートメーション化された工場ではなく職人の手により様々な道具、機械を使い分け作りあげられてゆくのが何となくでも分かっていただければ幸いです。
IMGP9635.jpg
こうして出来上がったレザーアイテムが全国の愛好家たちの手元に送り届けられる事となる。
一連のレポはこれで一応は終了しますが又機会があればマニフォールド実店舗や新作を紹介したいと思います。

*撮影協力:マニフォールド・ディティールワークス
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (495)
ショップ&イベントレポート (295)
コレクション紹介 (2673)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード