FC2ブログ
04
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-04

Wrangler考~其の5

リーバイス501XXがそうであるようにラングラー11MWZも年代により違いがある。
1950年代の11MWZを語る場合、単純に前半、後半で区別はするが厳密にはその後半とて僅かな年数のズレにより違いがある。
そんな世間的にはどうでもよい事に固執して大江洋服店にオーダーしたのがこのラングラータイプだ。
大江洋服店としても初のラングラーレプリカだが試行錯誤しながらもここまで忠実に再現出来た事は驚きである。
IMGP9705.jpg
でこのジーンズはそんな1950年代後半の11MWZだが仕様変更して間がない1955年前後の縦ベル時代のそれを再現している。
面倒なのでこれまであまり詳しく解説していないが1955~60年の約五年間の間でも細かい仕様変更は行われており別にインサイドタグがなくともその違いはハッキリしている。
多少の簡略化と次に来る1960年代への布石的なそれらは単体で見るよりも全体として眺めた方が理解しやすい。
IMGP9701.jpg
一応そのポイントを付いた画像(外側のみだが)を今回公開してますがどこがどうなのか分かるのはやはり実物を知っている人だけだろうか・・それを全てここで解説するのはどうも味気ない、何にしてもだが自己努力により身に付けた知識や技能は自身の血となり肉となるが付け焼刃の受け売りではそうはならないからだ。
真実はいくらでも存在しているので誰にでもそこに到達出来るチャンスはある、が併し意外な程そこに到達出来る者は少なく、それはメーカーとてだ。(無論インサイドタグの返還誤差によりこれよりも数年先のボディーに縦ベルが付いているケースもあるので例外込みで複数のチェックが必要だ。)
IMGP9712.jpg
ちなみに先に販売されたマッコイラングラー11MWZとは偶然にもほぼ同時期の11MWZを復刻した事になるが・・
IMGP9726.jpg
これだけ想像以上に再現出来ると更に欲求が生じる、そうまだまだ10周年のプロジェクトは続く。
IMGP9738.jpg
次回は斜めベルの1950年代11MWZ、そうこれよりも約2、3年程度進んだ時代の再現へと挑戦すべきと構想をねっている。
数か所のカンヌキ、バックポケットの形状、コインポケットのステッチ等、全体から見れば僅かな変化さえも前記したように歴史全体を直視すればその違いに確かな意味性を見出すことが出来る。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2719)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード