FC2ブログ
04
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-04

GAP CampusSneaker Lo

*ブランド名:ギャップ
*モデル名:キャンパス・スニーカー・ローカット
*生産国:中国
*素材:キャンパスアッパー、ゴムソール
*年代:2008年頃

GAPで普通に売られていたスニーカー、発売後一年未満で次々とセールされるシーズンアイテムの一つに過ぎない廉価な中国製スニーカーの筈だが・・その外観は1930~40年代のバルカナイズ・スニーカーを何故か見事に再現していた。
その出来栄えに驚きつつ~無論欠点や安っぽい個所もあるにはあるがこの価格帯ならOKだろう。
そして同時期に販売されていたスニーカー全てがヴィンテージらしい外観や素材感を誇っていた訳ではない、そしてそのノウハウが以後に活かされる筈もなかった、なんとも不思議な現象でした。
IMGP4222.jpg
複数のカラーが当時販売されダック生地、ブラック、ホワイト等ヴィンテージらしい商品もあったがあえてありえないカラフルなカラーを購入。
真っ赤なカラーばかりに目が行くがトゥキャップがウランドしたハーフキャップは実によい形状だ。
IMGP4225.jpg
アウトソールはカレンダーソールを再現し、ヒール部分との段差の形状等レギュラーでは存在していないディティールを再現している。
アウトソールのソールサイドはソール全体を覆う縦幅はなくゴムテープの貼りあわせ構造が露出した仕組みを上手く似せて再現している。
ここらヘンのディティールはクッシュマンが以前復刻したスニーカー更にはバッキート等が1930年代のモデルだった為、似たような個所が随所に見らる。
よって1930年代の実物を知らない人にもなんとなく古風な仕様であるのが分かるだろう。
IMGP4226.jpg
併しGAPでこれだけの作り込みをされ中国製故の低価格でリリースされたら大手レプリカのスニーカーは立場がないだろう、だが全く注目されずにいたのもGAP故だ。
そう復刻スニーカーにこだわった趣向者よりも只安さに釣られた、単純にデザインを気に入った者達の方がより”らしい”一足を手に入れ自覚なく履きつぶしている事となる。
そしてこの真っ赤ではなく前記したダック等のカラーをレプリカジーンズに合わせれば、中途半端な知識しか持たない方々は容易くどこか著名なレプリカブランドの商品と誤解し自身の足元と比較するだろう。
昨今の復刻系統スニーカーは1950~60年代の再現がメインであり、レプリカブランドによっては現行的なデザインのモデルもあり時期的にはGAPが妙に頑張っているように思えてしまう。
まあ実際は自覚なく販売しているようだが・・
IMGP4227.jpg
インソールにはGAPのロゴ入り。
IMGP4229.jpg
それなりに絶賛したが完璧な出来栄えではない、ゴム素材も綺麗過ぎ、機械的に生成された無機質なパーツを貼りあわせただけでヴィンテージやそのレプリカが持つ生命感とも云える素材の不均一さ肉厚さはない。
又、少々合成ゴム素材っぽいが・・混ざり物があると判断に迷うがいずれにしろ本当に自己判断出来る人はヴィンテージと勘違いする事もない。
IMGP4230.jpg
キャンパスアッパーも見事な退色、色あせはしないだろう、だがそれはミルリーフでもしないので欠点をいちいち挙げてもキリがないし意味もない。
手の込んだ国産やアメリカ製特有の素材感やヴィンテージの強烈な存在感に比べれば数段落ちるものの手を出しやすい低価格(しかもセールだし)で現行商品としてヴィンテージテイストを濃厚に含んだ存在が販売されるのは私的には嬉しい事だ、こういったところから元ネタであるヴィンテージやよりそれを忠実に目指したレプリカの世界が一般に広く認識され認知されてゆくのだろうか・・いやそれはないだろうか。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (498)
ショップ&イベントレポート (295)
コレクション紹介 (2677)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード