FC2ブログ
05
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-05

Wrangler SS-Tee カウボーイ柄

*ブランド名:ラングラー
*モデル名:半袖Tシャツ
*生産国:中国(アメリカ製ファブリック)、日本企画
*素材:コットン100%
*年代:2010年

日本企画(エドウィン)のラングラー半袖Tシャツ。
メイドインチャイナのレギュラーアパレルだがアメリカ製生地を使い現代衣類的には良質なアイテムだと云える。
まあ普通のTシャツです。
IMGP0335.jpg
ブランドタグはシンプル、アメリカ製コットンを表記するタグが付属している。
世界的な綿の産地であるアメリカの生地自体は決して珍しくないし高価でもない、縫製工場を他国に移した大手アメリカンブランドでも生地だけはアメリカ製品を使うケースは昔から多い、それはTシャツ、ジーンズ等多岐に及ぶ。
だがそんな肉厚でザラついた迫力のある不均一感の手触りは懐かしいものだ。
IMGP0336.jpg
ひどく安直なプリトンだ、存在からくる当然のそれとも云えるが。
IMGP0337.jpg
首周りから肩口への補強テープ。
ボディー本体と別カラーで縫製のステッチも視覚的に映える、当たり前と云えるが細やかな補強措置に抜かりはない。
そして価格はなんと二千円でお釣りがくる、これが適正と判断したら世間にはなんとぼったくりが多い事か・・
IMGP0338.jpg
左袖にはピースネームが付属しジーンズとの関連性を思わせるパーツ使いはリーバイスで云うところの赤タグをTシャツのパーツに使うのと同様だろう。
IMGP0339.jpg
背面にはブランドを誇示る英文のプリントが大胆に施されている。
IMGP0340.jpg
前記したように中国製のレギュラーアパレルなのでクッシュマンやウエアハウスのような糸からこだわった国産ヴィンテージレプリカよりも数段味わいは劣るものの決して否定するほど悪くはない、価格もお手頃だし文句を云う理由はない。
同程度、更にはこれ以下のレプリカブランドのTシャツも市場には存在する事を思えば余計とその存在を軽視する事は出来ない。(云うまでもなくそれらはこのTシャツよりも高額である)
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (503)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2729)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード