FC2ブログ
05
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-05

MANIFOLD DETAIL WORKS SWORD-TIP WALLET&真鍮製ハンドメイドチェーン

*ブランド名:マニフォールド・ディティールワークス
*モデル名:ウォレット(SWORD-TIP ST-008)、真鍮製ハンドメイドチェーン(STYLE No.URC-09)
*素材:サドルレザー(ウォレット)、真鍮(チェーン)
*年代:2003年(ウォレット)、2010年(チェーン)

今回もマニフォールドの新作、真鍮製チェーンと過去モデルのウォレットとの組み合わせ例です。
2003年に新作として登場したST008はSTシリーズの中ではこれもその後の新定番として今でも生きておりアレンジされた各種後継モデルも記憶に新しい。
だがこれは新作として登場した当時のファーストロット、正確にはファーストサンプルである。
私が購入した当時はまだ公表はおろか定価でさえ未確定であった。
mf7.jpg
やはりサドルレザーとチェーンの相性は良い、だが金属パーツの配色が異なるのが気になるだろうか・・まあ新規に買い揃える方は金属パーツの素材、カラーを合わせて揃えれば全然OKでしょう、これはあくまでも所有している複数のウォレットとの相性チェックみたいな行為です。
もっとも統一化した色彩よりも不統一のアンバランス感を好むユーザーが居るのも否定はしない。
ウォレットとロープ、キーホルダーのカラーを意図的に異なる配色で合わせるのはセンスがいるがそれはそれで悪くない。
mf8.jpg
0番手縫製の迫力あるステッチラインと金属質のチェーンの細いが重厚感のあるラインは揃えると独特の統一感を思わせる。
特にチェーンのデザインがまるで古い懐中時計やネックレスのチェーンのような手の込んだ立体感と個性的な形状を持っているが故に子供っぽい従来の安物チェーンのイメージを払拭し別種のイメージを持たせてくれる。
mf9.jpg
見慣れてくるとこれはこれで悪くない。
このウォレットはコンチョ部分に配置されたスナップボタン一か所で閉じる仕組みだがかなりの安定感を持っており閉まりきらなかったり中から物がはみ出る事はない。
実に計算されたパターンと過度に丈夫な素材感は流石の一言だ、在りきたりのデザインと素材のウォレットに飽きた方にはお奨めなのは今も昔も同じである。
こうしてみると常に進化するマニフォールドのスタイルは過去のモデルでさえ現在の一般的な他社製品より秀でているのには何度も驚かされる。
mf10.jpg
単純な行為だがパーツの組み替えによって物の魅力は更に増す。
mf11.jpg
こうやって合わせてみると古い筈のウォレットが全然、古く感じない。
何度も云うがマニフォールドが如何に先を進んでいたブランドなのか改めて再確認出来る。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (490)
ショップ&イベントレポート (291)
コレクション紹介 (2624)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード