FC2ブログ
05
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-05

MAJESTIC MiLB Durham Bulls T-Shirt

*ブランド名:マジェスティック
*モデル名:マイナーリーグ ダーラム・ブルズ チームロゴTシャツ
*生産国:ホンジュラス
*素材:コットン100%
*年代:2006年

本来アメカジと云えばアメリカン・スポーツカジュアルもその中に含まれていた。
だが昨今の雑誌があおるアメカジと云う言葉にはどうだろうか?ちゃんとその存在を許されているであろうか?
さて私は古い人間なのでこのような安直なTシャツも全然OKである、しかも有名どころのMLBではなくマイナーリーグのチームとなれば更に、だ。
正直、野茂デビュー後のMLB人気の浸透具合からMLB物は、どうも安っぽく、子供っぽく思われるのは否定しない、だがマイナーリーグとなれば知っている人も少なく気恥ずかしさを抑えつつ、自己満足も意識出来る。
IMGP0603.jpg
Dを貫く猛牛のマークは球団名ダーラム・ブルズから来ている。
ブルズはアメリカのノースカロライナ州ダーラムにありAAA級インターナショナルリーグに所属するタンパベイ・レイズ傘下のチームである。
このマークに見覚えのある方もいると思うが、ブルズは1988年公開の映画「さよならゲーム」(ケビン・コスナー主演)の舞台となったチームでもあり実は割と知られた存在である。
古着の世界では単なる野球物はなくムービー物のカテゴリーでも取り扱われるデザインである。
尚、1988年当時はアトランタ・ブレーブス傘下A級のチームであった。
本来メジャーの二軍、三軍にあたるマリナーリーグ球団だが独立採算性の別事業だけに球団単位での売買、トーレードも多く、時代により所有するメジャーが代わったり、所属するリーグやクラスが代わる例も多い。
IMGP0601.jpg
スターターがMLB市場から撤退後、メジャー、マイナー問わずマジェスティック社が市場では独占状態だ。
製造は中南米のホジュラス、以前はアメリカ生産を貫いていたがそれも過去の話だ。
IMGP0605.jpg
アメリカらしい肉厚なプリントの下部には公認ロゴと年号が明記されている。
そう2006年と今から四年前の商品である、これもいつしか古い物と呼ばれるであろう、事実マジェスティックのボディーには変化がその後起きている、それは後日同社の別のTシャツの際に語る事にしようか。
IMGP0602.jpg
あくまでも現行商品である、肉厚なコットン100%のボディーはシンカー編みの筒胴、フラットで均一な織り、縮み捻じれ等の変化ないサンフォライズド、退色もあまりない、と正に現代衣類である。
基本的に日本国内でも手に入るMLB関連のマジェスティック社のTシャツとは色やプリントが違っても同じタイプのボディーだ。
だが着丈の長さ、ネックの処理等の個体差が多いのも特徴で日本との品質管理、生産管理の概念の違いを見る事が出来る。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2726)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード