FC2ブログ
05
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-05

またしても大江洋服店来店~そして商談

大江洋服店に行ってきました。
過去形ですがそれがいつの過去を指しているのか分からない程、そう昨年末からほぼ毎月訪れているので。
でその過去は割と少し前の過去であった~そうこれは回想めいたものです。

そして商談~持ち込んだ私物のヴィンテージ・ジーンズは云うまでもなくラングラー11MWZ。
1950年代と簡単に云うが、これまでの約20年間で販売されてきた復刻の品番で誰しもが分かるように時期により確かな違いがあった。
大まかに云えば、前半と後半で仕様の大まかな違いがある。(過去のレプリカはやや不親切だ、どれも明確な年代を云わずに自己の完成度を誇る~そうリーバイス程、年代による変化が知られていないので多くの人が言葉に踊らせら過大評価と過小評価が不気味に交錯する~復刻精度の実際のレベルに気づけない)
そしてその後半でも僅か2,3年の違いで次なる1960年代のマイナーチェンジへの布石的な仕様変更が幾つか見られる。
以前、大江洋服店にオーダーした11MWZタイプは簡単に云えばインサイドタグが織りタグの縦ベルだ、そう50年代後半モデルとされる11MWZへ仕様変更した直後のタイプに該当する。
そして第二弾はそれよりもやや新しいプリントタグだ。
IMGP0132.jpg
濃紺の一本が今回その元となるオリジナル11MWZ(1957~9年)、下の色落ちしたジーンズが前回の元となったオリジナル11MWZ(1955~6年)だ。
IMGP9069.jpg
そして私の夢、いや欲望を叶えてくれる機器達だ。
もう既存のメーカーのレプリカ等に用はない、と一度云ってみたいくらいカスタムオーダーはこれまでの全ての不満を解消出来る、更に大江洋服店の探究心により私も気づかなかった新たなる発見を知る事が出来る。
併しそうなると過去のレプリカや復刻が魂を込めて研究していないのがよく分かり複雑な気分になる、いや分かっていても生産性や価格を考慮して眼を瞑ったんだろうか・・それ以前に実物を知らずに作られている物もあるだろう、いや、まあ、マイナスの話題はよそう。
IMGP9070.jpg
店内と呼ぶよりも工場を見渡すとふと気づくものがある。
IMGP9071.jpg
別のお客さんからのオーダージーンズのようだ、定番のリーバイスタイプだろう、だがフラッシャーの陰から飾りステッチがちらりと露出している!
あの禁断の行為を行っているのか!?
IMGP0129.jpg
いや当然そんな筈はない。
リーバイスが古くから商標を持つアーキュエイト・ステッチ、それ以前に偏在的に存在したと云う説もあるがそれはともかくとして現実のレギュラーのリーバイス商品を軽視するユーザーも憧れを否定出来ない。
それ故に隠れて他社のジーンズにこのステッチを施す輩は昔から多いと云う。
事実そのような要求をする輩も多いと云う、だが大江洋服店は違法行為はしない、それも又ある一つのポリシーだ。
と云う事でおかしな要望をし困らせないように・・他社のレプリカジーンズを想起し如何に問題のない、あるいはオリジナルの飾りステッチを考えてみるのも楽しいだろう。
IMGP0130.jpg

*撮影協力:大江洋服店
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (495)
ショップ&イベントレポート (295)
コレクション紹介 (2673)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード