FC2ブログ
06
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-06

CUSHMAN Western york Tee"MULTNOMAH"

*ブランド名:クッシュマン
*モデル名:ウエスタンヨーク切り替えTee(MULTNOMAH)
*素材:コットン100%
*生産国:日本
*年代:2008年

長らくリサイクルコットンTeeを定番ボディーにしてきたクッシュマンだが最近はこのウエスタンヨークTシャツもそれに準ずる商品のようだ。
名前の通りウエスタンヨークを採用したパネル切り替え式のパターンは実用よりもデザインを優先したように思えるし、あまりにも奇抜なので創作にも思われがちだ元ネタはちゃんと存在する1980年代のチャンピオン社製のTシャツは、これと全く同じ切り返しパターンでツートンのTシャツだ。
その他にも複数のメーカーが似たような切り返しタイプを販売しているがメーカーによってラインが微妙に違う、だがいずれも玉数は少なくヴィンテージ愛好家以外には存在自体があまり知られていない。
それだけにクッシュマンらしいツボを付いた選択だと云える。
IMGP3670.jpg
前面よりも背中の方が派手なプリントがされている、ちなみリアルマッコイズも少し遅れてほぼ同じマークのプリントを入れたカットソーを販売したが、そのボディーは普通のパターンだ。
プリントの元ネタのみが同一の物であるからだろう。
IMGP3675.jpg
プレーンであれプリント入りであれ、ウエスタンヨークのヴィンテージTシャツを見る限りどうもアメフトTシャツから派生した存在にも思えるが果たしてどうであろうか。
IMGP3671.jpg
クッシュマンではお馴染みの新品状態ではタグ、ステッカーが付属し単に必要な情報を顕示するだけじゃく店頭の在り様からヴィンテージクロージングを意識している。
IMGP3672.jpg
袖のMマーク。
IMGP3673.jpg
背面のプリントはヨーク部分の僅かな段差で意図的な印字不良を演出している。
クッシュマンではポケットTシャツでわざとポケットに掛かるようなプリントをし、その段差から生じるプリントのズレやかすれを演出した物と同じ発想からだろう。
狙う意図は云うまでもなくアバウトが許された過去のアメリカンクロージングの再現である。
IMGP3674.jpg
オレゴン州にある地名が書かれているので元はその地のアスレチッククラブの何らかのアパレルからであろうか。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (300)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード