FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-07

VINTAGE DEE-CEE by Washington MFG CO SS-WesternShirt(1970's)

*ブランド名:ディーシー(ワシントン・マニファクチャリング・カンパニー)
*モデル名:半袖ウエスタンシャツ
*素材:ポリコットン(パーマネントプレス)
*生産国:アメリカ
*年代:1970年代前半

鮮やかな半袖ウエスタンシャツはリアルなワークウエアとしてカウボーイに実用されていたウエスタンシャツがカジュアルの世界で大躍進した時代の産物です。
無論それ以前にもカウボーイ達は派手なシャツで自己を着飾っていたし例外的だが半袖シャツも存在はした。(そもそもシャツ自体、半袖が存在しない時代→半袖の登場と云う歴史を想起しよう)
だがやはり一般化し大量に生産されそれが世界的規模に拡散したのはやはり1970年代であろう。
DSC07656.jpg
前後のアローヨーク、ロック縫いを多様した縫製、ポリコットンの生地、と正に時代性を反映する存在だ。
着丈はやはり長くインしないと少々情けない格好になる、だがボディー両サイドのカーブランで分かるように身体にフィットするようなタイトなパターンなのでやはりインするのが一番適していると云える。
DSC07657.jpg
ブランドはディーシー、アメリカの歴史を築いたワークウエア・メーカーの一つであるワシントン・マニファクチャリング・カンパニーの一部門である。
ブランド自体はワークブランドであるが1950年代にはラングラーを模倣したデニム類を販売する等ウエスタンウエアも手掛けていた。
割と古着市場ではお馴染みの存在だ、そしてこれらのシャツも。
DSC07653.jpg
胸ポケットはソートゥース、リベットはスコービル、柄合わせはバイアス合わせとアメリカ黄金期のウエスタンウエアの直系に位置する誇り高い存在である事を身を持って表してくれる。
DSC07654.jpg
生地はパーマネントプレスなので所謂アイロンいらずに楽に洗濯と着用が出来るがその為に皺どころかパッカリングも出ず経年変化は全く期待できない。
それでも鮮やかで繊細だがどこか色褪せた様な色彩感はこの時代独特のもでありその魅力自体は色褪せる事はない。
DSC07655.jpg
このシャツはそもそもデッドストックで購入したが同時期に同年代の半袖ウエスタンシャツをやはりデッドで20枚前後購入している。
10年近く前の話しですがたまたま”出てきた”偶然とレギュラー並み(レプリカ以下)の買いやすい価格=安さがからだが最大の動機はその大半がラングラーであったからだ。
だが中には他社も混ざっておりこれもその一枚であった。
中々美味しい出来事であったが以後あのような出来事は残念ながら滅多にない。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (495)
ショップ&イベントレポート (295)
コレクション紹介 (2673)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード