FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-07

VINTAGE HANES TEE(1980's)Arlington Heights-park districk-Basketball

*ブランド名:ヘインズ
*モデル名:Tシャツ(アーリントンハイツ・パークディストリック・バスケットボール)
*生産国:アメリカ
*素材:コットン50%、ポリエステル50%
*年代:1980年代

1901年創業と百年以上の歴史を誇るヘインズが誕生した当時、社名は「P・H・ヘインズニッティング社」であり当初はニット織りの肌着を生産販売するメーカーであった。
それはまだTシャツとパンツと云う現代では当たり前の下着が発明される前の時代であり、実際そう、現代衣類からでは想像しづらいアンティークな肌着を生産していた。
だが時代は変化する。
今現在も続くジョッキー、フルーツらとの約百年のライバル関係からアメリカの~いや今では世界共通の肌着文化の誕生と確立に貢献し今に至る。
アメリカンクロージングの歴史において「Tシャツの歴史はヘインズの歴史」と呼ばれる程、約百年の下支えの実績を持つがそれは肌着のそれが一枚で着れるTシャツへと進化する過程も含んでいる。
そしてそう1980年代のプリントTシャツだ。
ha1.jpg
スポーツカジュアルを具象化したTシャツだ。
前後のプリント、肉厚なヘビーポリコットン生地と時代を活きた懐かしい存在だ。
ha2.jpg
背番号は3のみとシンプルだがあるだけでも有り難い。
肉厚でザラ感の強い油性ラバープリントは如何にもアメリカらしい大胆で大雑把、それでいて丈夫で発色の良い時代を象徴するものだ。
ha3.jpgフロントのプリントにはアーリントンハイツ公園とあるようにアメリカのイリノイ州にある同地域の、日本で云えば運動公園みたい所のものだろうか、バスケットの文字とイラストからもコートもちゃんとあるのが想像出来る。
ha4.jpgブランドタグは1980年代に見られるヘインズのそれだがこれも時期やタイプにより差異があり似たようなタグでも違いに気づけばツイ集めたくなる。
生産は当時ではまだ当たり前のアメリカ製、それは生地の生産、縫製等全てが、である。
ha5.jpgフェザーグレーのボディータグに大きく表示されているようにポリエステルとコットンの配合率が同率の混紡素材だ。
綿糸よりも強度、速乾性、生産性で優れている化繊だが温度調整が出来ない等の弱点を解消する為にコットン等を含んだ混紡生地~そうポリコットンとして1960年代以降カットソーでも頻繁に採用され続けていた。
だがそれはアメリカ生産と同じく過去の事実でしかない、1990年代以降はオールコットンが復権し今やポリコットンの栄光を知らない世代さえ普通に存在させている。
そして無知故の偏見や過小評価も、だ。
ha6.jpg過度に丈夫な素材として型崩れなく残っているが、やはり質の悪いポリコットンではそうはいかない。
同時代の他社よりもヘビーさでは勝っているのは流石ヘインズ、アメリカの誇りである。
ha7.jpgリアルなアメリカンクロージングの歴史において重要な位置を持ちその確かな血統を感じさせるこれらTシャツは厳密な価値評価的にはオールドであってもその魅力は希薄化することはない。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (300)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード