FC2ブログ
09
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-09

Wrangler x GOLD GATE 111MJ Champion Jkt

*ブランド名:ラングラー(ゴールドゲート別注)
*モデル名:111MJチャンピオンジャケット
*素材:コットン100%
*年代:2007年

ラングラーマニアとして知られる金丸氏のショップ、ゴールドゲートがエドウィン商事に別注を掛けて誕生した111MJのチャンピオンジャケット。
チャンピオンジャケットと云えば赤ツイルの12MJZが直ぐに思い浮かぶがそもそもベースとなるインディゴデニムの11MJZが誕生前には従来の111MJ、更には赤ツイルの111MJにデコレーションを施したモデルが僅かながら存在した。
チャンピオンシャツと並んでその希少度は高く、これまで私はサイズの合わない超高額な実物を指をくわえて見ているしかなかった。
そして全国のラングラーマニアの多くもそうだろうか?いやたとえ実物の存在を知らなくても商品化自体が同時に情報の流布とマッチングし吉報となったであろう。

生産数は僅か100着だったようだ、そう復刻さえも希少だ。
IMGP1611.jpg
ベースはエドウィン製造の111MJ、こまかいディティールに不満は残るが先ずは背面のデコレーションを再現してくれただけで満足したい。
で何故か購入はゴールドゲートではなく横浜のジャンキーハーツで、ショップオーナーの高橋氏のありがたい解説をいただきながら購入。
確かラベルはゴールドゲート側が用意したものでエドウィン製造販売の111MJとは素材感が違うらしいが・・実は愛知県では本家復刻ラングラーを目にする機会は皆無に等しくそこまでの細部の比較は未確認です。
IMGP1613.jpg
フラッシャー類~そしてジャンキーハーツの値札シール。
IMGP1614.jpg
物的には1950年代前半のモデルを再現している。
胸ポケット等のバランス感が妙になっている、サイズが特に小さい為だろう、エドウィンの従来のラインナップではこのような矮小なサイズは存在していないからだ。
IMGP1615.jpg
背面のチェーンステッチ刺繍。
デコレーション系統のG-ジャンではラングラーは歴史的に他社ブランドよりも優位な実績がある、それ故に説得力のある存在感と完成されたデザインに普段ラングラーに興味ないレプリカ愛好家も巻き込んで局所的に話題となったようだ。
クッシュマンの11MJZタイプといい、存在感のあるG-ジャンはラングラーに無関心なユーザーの心を揺さぶる実力を秘めているのは確かな事実だ。
IMGP1620.jpg
ブルーベルのワッペン。
IMGP1621.jpg
流石ゴールドゲート!と云える元ネタのチョイスである、まだまだ不満の残るボディーだが前記したように先ずは世に出た事を高く評価したい。
このモデルの前後でも盛んに別注して希少なデニム類を復刻させるゴールドゲートの情熱とヴィンテージラングラーへの理解には感心させられる。
正直なところヴィンテージレプリカと云うスタンスを貫く以上は、これぐらいレアなアイテムを再現するのはある意味、宿命的な義務である。
だがそんな宿命を乗り越えられるブランドは実に少ない。
IMGP1625.jpg
2009年の秋、稲妻フェスティバルの前日に東京入りしてその足で来店したジャンキーハーツにて何故か購入と云う流れは、まあジャンキー別注ラングラーでマイサイズが全て欠品し着れるサイズではこれが何故か一枚だけ残っていたからだ。
2008年にゴールドゲートを訪れた際には完売しており何とも不思議な因縁めいた出会いでした。
今更ながら道案内していただいた東京の悪友てつさんら各位及び事前に高橋さんにアポをとっていただいたkuniさんには感謝は尽きない。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2725)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード