2010.09.30 歴史観
見方によって一つの筈の過去は違った有様を見せる。
IMGP0887.jpg
1990年代においてジーンズを発端に発生した復刻、ヴィンテージレプリカのムーヴメントは割と画一的に完全復刻と云う目的を持っていた。
IMGP0889.jpg
そして21世紀の今では実在の過去を再現している筈なのに各メーカーの歴史観の違いにより異なった様相をあらわにしているケースもある。
IMGP0974.jpg
自己解釈と云う独自の歴史観のフィルターを通して誕生した個性は実に特徴的で興味深く面白い、だが史実と違いう、それらをどこまでヴィンテージレプリカと呼び続けられるだろうか。
IMGP0983.jpg
過去の遺産であるヴィンテージクロージングとレプリカがリンクしなくなると明確に別物と認識してそれぞれを同時に楽しむような行いがあってもおかしくはないが・・
IMGP1628.jpg
さて今後はどのような潮流がやってくるのだろうか。
スポンサーサイト