FC2ブログ
09
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-09

Don't Novelty T-shirt 35th Anniversary

*ブランド名:ドント
*モデル名:ノベルティTシャツ
*生産国:ボディー(中国)、プリント(日本)
*素材:コットン100%
*年代:2010年

愛知県名古屋市に居を構えるショップ、ドントの記念Tシャツ。
今更、説明不用だと思うが今年で35周年となる老舗のヴィンテージショップにしてクッシュマンのプロデューサーが経営するクッシュマンストアと云う二面性を両立させた存在である。
よって客層はレプリカオンリーとヴィンテージオンリーの両者同時に対応出来る品揃えの流石さは以前変化ない、そんな同店は毎年何らかのノベルティTシャツをイベントに応じて配布しているがこれは35周年の記念モノ、プリントのデザインからも非常に分かりすい。
DONT1.jpg
トラ年に合わせたトラのプリント、下部に35周年の英文が入る。
一口に35年前と云ってもその歴史の長さを感じずにはいられない、まだヴィンテージレプリカと云う概念や存在どころかヴィンテージと云う価値観さえも未成熟な時代だからだ。
DONT2.jpg
ボディーはキャブの無地ボディーを採用、6.2オンスと割と肉厚で丈夫だ。
DONT3.jpg
右袖には60の数字が入る、これはドント社長でありクッシュマンのプロデューサー伊藤氏が今年で60歳だから、ボディーが赤色なのもそれに関係しての選択だろうか?
DONT4.jpg
左袖には110、これも一連のドントTシャツではお馴染みの伊藤=イトウ=110と云うアナグラムだ。
DONT5.jpg
相変わらず身内ネタ的な要素を盛り込んだデザインが愉快な一枚はそれ故に多くの常連客には好評であり今まで以上の強い連帯感を生むであろう。
DONT6.jpg
決してクッシュマン製品ではないしデザインセンスやや系統の相違が見て取れるがその個性はショップ単体の個性と考えれば中々魅惑てきな存在だ。
ショップオリジナルと云う実店舗でしか手に入らない商品、しかも非売品のノベルティとならば物欲を刺激すると云うものだ。
DONT7.jpg
愛知県の古着屋オーナーの幾人もが元ドントの客と云う世代交代を思わせる現象は10年以上も前からあった事実でそれとは別にドントは在り続けている、そしてこれからも我々を楽しませる存在として在り続けるだろう。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2726)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード