FC2ブログ
09
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-09

Langlitz Brand LJS-10031 Basic stripe work shirts

*ブランド名:ラングリッツブランド
*モデル名:ストライプワークシャツ
*生産国:日本
*素材:コットン35%、ポリエステル65%
*年代:2010年

2010年の春夏新作として年明け間もない時期に販売されたラングリッツブランドの半袖ワークシャツ。
古いアメリカのガソリンスタンドのワークシャツをイメージしたかのストライブ柄のポリコットン生地で複数のカラーが販売された。
春前の寒い時期でまだブラックサインの新作も販売前だったのもあるが思わず購入。
買わずにいられない魅力はラングリッツと云うアメリカのブランドが持つ本物のリアリティとアメリカンクロージングの歴史的ディティールの変換と云う時代的多様性を上手く一枚のシャツに落とし込んだ凝縮の上手さに惹かれたからだ。
同様の正確な時代感を持たない手法は近年のレプリカでは割と一般化しているが何故かレプリカではないラングリッツブランドがどこよりも上手く見事に商品化している。
その秘訣は企画しているラングリッツ日本総代理店ヴィンテージブルーの企画力のなせる技だろう。
IMGP1700.jpg
パターン的には1940~50年代の完成されたワークシャツのそれを表現している、二本針巻き縫い縫製、ラウンドした胸ポケット、台無し襟~実は私的には見覚えのあるディティールだ。
IMGP1702_20100923191655.jpg
専用のブランドタグ。
本家アメリカのラングリッツレザーズの革ジャン等の着こなしをサポートする意味合いもあるラングリッツブランドの商品は実用的なリアルバイカーの為のアパレルでありレプリカではない。
だが素材選びやパターンに関係なくアメカジ臭さを濃厚に含んでいるのはやはりラングリッツとの好相性を持つ為であり同時にだからこそ好相性のデザインだ。
IMGP1703_20100923191655.jpg
胸ポケット上にはデコレーションとしてワッペンが付く。
背面はプレーンでささやかだが印象的な飾りだ、何事もやり過ぎは子供じみた飾りになりかねない、ここらあたりのセンスがラングリッツブランドらしいところだ。
IMGP1704_20100923191654.jpg
フラッシャー。
素材はポリコットン、撥水性を考慮しつつ適度な保温性もあり春先の重ね着~いやこれからは秋口の重ね着にも適した素材だ。
レプリカの世界では軽視、蔑視されがちな素材を躊躇いもなく選ぶのはそうレプリカではないからだ。
だが過去に実在した素材を現代的な価値化基準を元に蘇らせるのは、そうこれも凝縮された真実の歴史的ディティールの一つだ。
IMGP1705.jpg
サイドガゼット。
所謂マチ付きだがカンヌキで綺麗に補強している、これは実用云々だけでなくちゃんとしたシャツでは当たり前の事だ。
IMGP1707_20100923191653.jpg
洗い込んでも縮みの出ない生地だが縫製段階で適度なパッカリングが浮き出ている。
縫製は岡山の工場で行われ実に丁寧だ。
IMGP1708.jpg
ボタンは猫目ボタンを採用。
いちいち明記するとキリがないが、いずれもヴィンテージのディティールをリスペクトしたものだが特定の年代に限定されていないのは前記した通りだ。
IMGP1706_20100923191754.jpg
2008年にスタートしたラングリッツブランドだが本家ラングリッツの革ジャン同様に、それらを模倣する”レプリカのレプリカ”の標的となっている。
ある意味、真にリアル(本物)だと認められた証だと云えなくもないか・・
IMGP1710.jpg
リアルバイカーの日常をサポートする為にラングリッツブランドからは更なる新作がこの秋冬にも企画されている。
IMGP1709.jpg
ブラックサイン同様、今後の展開を注目すべきブランドだ。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2726)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード