*ブランド名:マム・アンド・パップ
*モデル名:長袖サーマルシャツ
*素材:コットン100%
*生産国:日本
*年代:00年代中盤

熱気泡の名称通り空気中の熱を包み込み逃さない、そんな保温性を持つアンダーウエアがサーマルシャツだ。
定番の白色はやはり肌着としての本来の存在を再認識させるカラー。
IMGP2595.jpg
ブランドはMOM&POP、既に生産を終えている過去の商品、そして何年も着込んだ状態。
IMGP2596.jpg
フラットシーマー縫製で袖を縫い切って糸の始末をしない仕様は空環と同じ理屈、そうヴィンテージで見られる手抜きディティールだ。(決して補強ではない)
1950年代の大量生産化した生産現場において生じたこの仕上げは長続きしなかったのでヴィンテージ・カットソ-類でも稀にしか見ない。
ここらあたりのマニアックなポイントを付いたディティールのチョイスが当時のMOM&POPらしい。
IMGP2597.jpg
肉厚で保温性に優れ丈夫なボディーは伸びやすいと云うサーマルの欠点には無縁な存在だ。
旧マッコイを含むマッコイ系統の各ブランドに匹敵する~のではなく丈夫さだけなら多くを凌いでいる、唯一勝てないのは以前の新生マッコイズのサーマルだ。
あの肉厚で過度に丈夫な生地は正に別格だった・・今も同様かは分からないが。
IMGP2598.jpg
丈夫で長持ち。
IMGP2599.jpg
それがこのサーマルを表す単純だが全てが込められた言葉だ。
だが併し残念ながらMOM&POPブランドの休止に伴い生産は既に終了している。
スポンサーサイト