FC2ブログ
12
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2010-12

自作ジーンズ プチカスタム(BLACK SIGN Suspenders)其の一

*ブランド名:なし(ジーンズ本体は自作の為)ブラックサイン(サスペンダー)
*モデル名:自作ジーンズ プチカスタム
*生産国:日本
*素材:コットン100%(ジーンズ本体)、ゴム&レザー&金具(サスペンダー)
*年代:2002年(ジーンズ本体)、2010年(サスペンダー)

随分と昔とすべきか、僅か数年前と云うべきか、8年ほど前の2002年に岡山某所ジーンズ工場で設備と素材を借りて自作したジーンズです。
だがすっかりタンスのコヤシになっていた。
再び足を通す意義を持たせるべくサスペンダーボタンを追加しブラックサインのサスペンダー専用ジーンズとして甦らせた。
IMGP3392.jpg
19世紀末から20世紀初頭のヴィンテージアメリカンクロージングを背景としするブラックサインにおいて本来、ベルトループ付きのパンツが世俗化する以前のサスペンダー仕様は商品構成としてはメインと云うか当然、普通であり、それ故にサスペンダー単体もセット売りとは別に多数販売されている。
そして直営店ではサスペンダー購入者に限り持ち込みでリベット打ちのサービスを行っており、そうブラックサインのサスペンダー専用にすべく自作ジーンズに追加をほどこしてもらった。
IMGP3393.jpg
前面。
基本はXXタイプ、多少の遊びと云うか妥協からくるアレンジを施している、そう素人がいきなりジーンズを容易く作れる筈は無い。
実に縫製は難しい。
IMGP3394.jpg
セルビッチ付きのデニムは14オンス、力織機で織られたそれは今風ではない自然な不均一さと重厚さをそなえている~8年前なので当たり前ではある。
IMGP3395.jpg
アウトサイドシームの辺りは顕著化している。
IMGP3396.jpg
XXタイプをベースに作製した理由は簡単、その場を借りた工場にはラングラータイプの製造経験がないから。
型紙を借りる事が出来ないので必然的にそうなっただけである。
IMGP3397.jpg
背面Y字型のサスペンダーは19世紀末に定着した基本スタイル、古風なジーンズスタイル、ワークスタイルをも象徴する。
IMGP3398.jpg
サスペンダーボタンはドーナツ型、サスペンダーのホール部分はレザー製。
コインポケットの縁がパンクしているがそこは素人の縫製故だ、だがそんな失敗も今となれば懐かしい思い出。
IMGP3399.jpg
ベルトループは中央にふくらみがあるアタリ重視のタイプ、今では頻繁に見かける仕様の先駆けでもある。
金属パーツ類は全て汎用、レザーパッチも無記名でブランド名が表記されているパーツは一切使っていない。
IMGP3400.jpg
色落ちを論ずる以前に穿き込みローテから脱落して既に何年も経過しているので8年前でもこの程度の色落ちしかしていない。
IMGP3401.jpg
続きは次回~

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2723)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード