FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2011-01

VINTAGE LineMen Boots(1960's)

*ブランド名:不明
*モデル名:ラインマンブーツ
*素材:スエード、ヌバック
*生産国:アメリカ
*年代:1960年代
*状態:デッドストック

ラインマンブーツ、名称が表すように電気配線、電気工事関係、特に高所作業に従事する労働者が好んだとされるワークブーツ。
爪先付近までレースが通るレーストゥはより足へのフィット感を増す為の仕様、セパレート式のアウトソールも足場に引っ掛かりやすいように配慮された仕様だ。
1930~60年代までのアメリカのワークブーツの大定番の一つとして知られていたが昨今は労働条件の変化によりあまり見掛けないがレプリカでは割と頻繁に販売されるので認知度は高い。
IMGP3375.jpg
モノは1960年代、ヴィンテージ実物、状態はデッドストック。
ブランドはブーツ本体に明記がなく不明。
何度も云っているが昔のアメリカのフットウエアメーカーはフラッシャーや箱のみにブランド名を明記するケースが多く付属品が無いとブランドが分からない。
だが分からないからと云って決して当時の粗悪品ではない。
IMGP3377.jpg
レースホールであるアイレットはかなり大きく細い丸紐との相性は異質な組み合わせ感。
ウエルトはストームウエルト。
IMGP3378.jpg
レース上段はフック留め。
IMGP3379.jpg
ヒール補強。
ステッチは白に統一されている。
IMGP3380.jpg
サイドビュー。
IMGP3381.jpg
レザーは足馴染みの良いソフトなスエード。
IMGP3382.jpg
アウトソール。
IMGP3383.jpg
白いコルクソールを採用しアッパーとの色合わせは絶妙だ。
IMGP3384.jpg
ブロックタイプのヒール。
IMGP3385.jpg
インサイド。
一枚革のアッパーは銀面側も起毛したヌバック。
作りはグットイヤーウエルト製法。
IMGP3387.jpg
色彩的統一感を乱すインソールの黒いヒールパーツは見えない個所だけに妙なインパクトだ。
IMGP3388.jpg
シュータン。
甲の圧迫を防ぐために薄く柔らかい革を採用するケースが多いのはアメリカの古靴では常識。
IMGP3389.jpg
こちらも両面起毛に仕上げられている。
IMGP3390.jpg
微妙に左右のバランスが悪いのはアメリカ製品ならでは、ではなくそもそもがワークブーツだ、ドレスシューズのような工業規格で作られている筈は無い。
IMGP3391.jpg
古いアメリカ靴の持つ絶対的な存在感と古式そのものである外観、質感と云う強烈な個性は時代に左右されないリアル(本物)の証だ。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (504)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2729)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード