FC2ブログ
12
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2011-12

記号で構成された鞄~ブラックサイン

MB1.jpg
昨年ブラックサインのサンプルを拝見した時に、なんてレアで珍奇なものを復刻したんだ!?と軽い感動を受けた。
もっともそう思ったのは少数派で一部のヴィンテージに詳しいディーラー以外は一風変わったデザイン、ディティールに口をぽかんとあけて、それが何であるか認識出来ず、そのまま素通りするだけだった・・
と云う事でこれもブラックサインの暗号が解けず結果的に不人気アイテムと化したらしい。
まあ私にはそんな出来事は実にどうでもよい。
MB2.jpg
基本的な作りは極厚のコットン素材とレザーのコンビ、数か所配置された金具で構成されている。
MB3.jpg

MB4.jpg
作りはかなり細かい。
MB5.jpg
肩掛けと手持ちの両方が出来る鞄は一見して便利そうだが・・
MB6.jpg

MB7.jpg

MB8.jpg

MB9.jpg
ブランド名を象徴するBSマークのステンシル。
MB10.jpg
実はこの鞄かなり扱い辛い、先ずフラップ留めのレザーストラップを固定するフックを外しい、ストラップを幾つものホールから引きぬき、内部中のストラップを外すかどけて出し入れする。
一応内ポケットもあるが収納能力は低く扱い辛い。
基本的に扱い辛いモノや着こなしに合わないモノは使わない主義だがこれだけは別だ、元々が解放し辛い仕組みである事に意味があるからだ。
MB11.jpg

MB12.jpg

MB13.jpg
意味不明のようでいてちゃんとした意味性により創造されている鞄~ブラックサインの暗号は衣類以外でも濃厚だ。
MB14.jpg

MB15.jpg
その暗号をここで明かす~いつものように元ネタ解説するのはブラックサインの楽しみを奪う事なのでやめておきます。
所謂、創作やそれっぽいディティールを無作為にチョイスしただけの具体的な元ネタが存在しない個性ではないので真実を知りたい方は地道に探究を続ければそっくりの元ネタ、あるいは類似したデザインのヴィンテージ実物に出会える事でしょう。
MB16.jpg

MB17.jpg

MB18.jpg
服や靴だけでなく鞄も増えすぎてローテ使いが定着してしまった・・よってアジ出しなんて思想は今のところ意識しないようにしている。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (495)
ショップ&イベントレポート (295)
コレクション紹介 (2673)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード