FC2ブログ
10
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2013-10

VINTAGE Wrangler ダンガリーウエスタンシャツ(1970s)DEAD STOCK

IMG_2907.jpg
1970年代は多様化と大量生産の時代である・・と言えばそれ以前も、そうだったので誤解を招く表現ですが少なくとも1960年代よりは、そうである。
このシャツの場合、定番の127MW系統のデザインをしていない。
デッドストックでタグ類やフラッシャーも全て残っているのに品番の記載がどこにも見当たらない。
よって品番不明のシャツになりますが、当時はそのようなシャツ、ジャケットが何故か幾つもあった。
IMG_2922.jpg
127MWよりかなりスッキリしたデザインで肩、背中のウエスタンヨークがない。
あれは単なるデザイン的な飾りではなく肩に荷を担いだり、掛ける事を想定しての補強なのでコレが実用のウエスタンシャツ~カウボーイの労働着か疑いがかかるが・・実際にはウエスタンウエアとして定番のシャツ類と並んで販売されていたようです。
IMG_2908.jpg

IMG_2909.jpg
両胸ポケットのサイレントWもない。
腕の付け根など縫製も内縫い箇所がかなり目立つ。
IMG_2910.jpg
織りネームタグはちゃんと付く。
IMG_2911.jpg
フラッシャーは使いまわし。
正確にはウエスタンシャツ用ではない。
シャツやジャケット、カットソーに使われているケースが多い。
IMG_2912.jpg

IMG_2913.jpg

IMG_2914.jpg

IMG_2915.jpg

IMG_2916.jpg

IMG_2921.jpg
ブランドタグは1970年代終盤にジャケット等に採用されていたもの。
IMG_2920_20130912062414487.jpg
ちゃんとアメリカ製、そしてオールコットン。
IMG_2918.jpg
袖カフス。
スナップボタンの数も省略されている。
IMG_2917.jpg
生地は自然なスラブ感で年代の割にはイイ風合いだ。
IMG_2924.jpg

IMG_2923.jpg
こういった変り種は復刻されるケースは皆無なので実物で楽しむしか術はない。
もっともド定番のモデルであっても1970年代のシャツの市場価格なんて安いものです。
よって山の用に私物はたまってゆく・・
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2725)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード