FC2ブログ

2015-04

VINTAGE Wrangler Lot 320MWZ(1970s)デッドストック 其の二

IMG_7275_2015032208342970c.jpg
MW系統のディティールですがポリエステルを含んだデニム生地はパーマネントプレスされており本格的ワークウエアの素材とは思えないが・・実は1970年代ではラングラーに限らずリーバイス等多くのメーカーがポリコットン・デニムを採用している。
ストレッチデニムからそうでないモノも含めて質感、染具合など違いは多い。
21世紀の現代でも廉価素材として、あるいはファッション性の高いストレッチデニムで目にするポリコットン・デニムの歴史は割と古く1950年代から普通に存在し、それはアメリカだけでなく日本でも生産されていた。
ただし有力ブランドのジーンズに採用されヴィンテージとして残る、認知されるのはやはり1970年代くらいのようですね。
IMG_7286_20150322083855d9f.jpg

IMG_7274_20150322083427f9b.jpg
外観上は左綾デニム、インディゴデニムのそれですね。
色落ちが全く期待出来ないようには思えないが・・廉価な硫化染めポリコットン素材デニムよりは期待出来るかも。
IMG_7273_201503220834267b3.jpg

IMG_7277_20150322083430de0.jpg

IMG_7278_20150322083432324.jpg

IMG_7284.jpg

IMG_7285_2015032208385312d.jpg

IMG_7287_20150322083856c18.jpg
フラットな質感ですが適度な厚みもあり、デニムとしてそこまで悪くは感じないが・・
IMG_7288_20150322083858d0b.jpg

IMG_7289_20150322084158351.jpg
ともかく新しい年代の割には全く見かけないので生産期間は短期間のみだと推測出来る。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (523)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2932)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する