IMG_3693_201703070553035af.jpg
ドライボーンズのシャツのようなロンT。
20世紀初頭位おいて何故かカットソー素材のシャツが存在していた、インナーとして着るのかシャツを省いてその上からベストを羽織るべきなのか・・
以前にも色等は全然違うがブラックサイン、ダブルアールエルもTシャツ生地のシャツを販売していたのを思い出す。
IMG_3701_20170307055315302.jpg
前面はシャツのソレなのでベストの隙間からジャケットの隙間からのぞかせても違和感の無い古風な恰好となるが、これ一枚で着るのもわるくない。
IMG_3694_20170307055305889.jpg
ストライプ生地の別布が貼られている胸部。
IMG_3695_201703070553061ea.jpg
ボタン留めのヘンリーネックと言うかプルオーバーと言うか。
IMG_3696_20170307055307c64.jpg

IMG_3697_2017030705530974b.jpg

IMG_3698_2017030705531086d.jpg
袖口や首回りの作りは古い時代のアンダーウエアそのものですね('ω')ノ
まあシャツでさえ昔は下着扱いだった時代を思えばこのような中間的な存在があってもおかしくないと言うか洋服が進化してゆく中で枝葉のように存在し今では忘却された存在を復刻とは言え楽しめるのは実に愉快であり、これこそがヴィンテージ復刻の楽しみの一つですね(^^♪
IMG_3699_20170307055312a08.jpg

IMG_3700_201703070553135b2.jpg

IMG_3702_20170307055316672.jpg

スポンサーサイト