FC2ブログ

2017-06

WAREHOUSE Lot.1001 其の一

IMG_2763_201706110833203b0.jpg
ウエアハウスの品番1001。
創業当時から同社の定番モデルと言えばそうですがXX表記の有無や発売時期によりディティールや生地が異なるので少々ややこしい側面もあるが~実はここ10年くらい国産復刻デニムの都度チェックを怠っているので、まあよく分からないと言うか、どうでもヨイと言うか、そもそもアウトレットセールで近年購入した際にこのようなタイプがある事を初めて知ったと言うか(笑)
モノ的には説明不要のXXタイプと俗に呼ばれる1940~50年代のリーバイス501XXを模したビンテージ復刻の範疇に入りる一本ですね('ω')ノ
ブランド固有のデザインアレンジ等はほとんどなく素朴ながら力強いデニムの存在感が魅了ですね('ω')ノ
IMG_2764_201706110833218e0.jpg
目に付くディティールの変化はリーバイス固有の意匠をどのように表現するか?ですね。
赤タグがご禁制と明確化した後なので赤いカンヌキで赤タグを再現している。
この他にも違う仕様が飾りステッチ込みで色々あるようですね('ω')ノ
IMG_2765_20170611083322b57.jpg
サイズ表記のシールは昔のジーパン屋に並んでいたリーバイス等のジーンズの様子を思い出させてくれる。
IMG_2766_20170611083324df1.jpg

IMG_2768_20170611083327f5d.jpg

IMG_2769_20170611083328a67.jpg

IMG_2770_20170611083330d65.jpg

IMG_2771_20170611083331730.jpg

IMG_2772_201706110833338c5.jpg

IMG_2783_20170611083348cc5.jpg
細部の仕様は説明が面倒なのと、それを要求する人が少ないので省くが本来は手の込んだマニアックな箇所ばかりですね('ω')ノ
昔はそれに一喜一憂したものですが、今のユーザーはそのような物を求めていないようですね。
色々なお店でスタッフさんがそのような感想を残念そうに述べているのを見聞きします。
時代が変わったって事ですね('ω')ノ
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (522)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2930)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する