FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2018-01

VINTAGE LEE オーバーオール 1960's 其の二

IMG_1451_20180107195005317.jpg
昨日の続きです。
オーバーオールと言えばアメリカを代表するワークウエアですね('ω')ノ
ヴィンテージ時代にはデニム、ダンガリー、ヒッコリー等の素材で数々のメーカーが多くの商品をは販売したが1960年代頃まではギリギリ、本気のワークウエアと一応は呼べる。
1970年代に入るとカジュアル化し、コーデュロイ生地や派手な色使い、フレアやれテーパードシルエットのオーバーオールも登場し必ずしも純粋な労働服とは呼べなくなっている。
まあそれは日本も同じで1970年代のジーンズブームの時代、オーバーオールもタイプ違いのジーパンの一種として若者、特に女子に人気があった。
IMG_1464_20180107195022df6.jpg

IMG_1452_2018010719500528d.jpg
Lee純正の金具。
IMG_1454_20180107195008bb0.jpg
ネームから見ると1968年以降となる。
ギリギリVFグループに吸収される以前のHDリーカンパニー時代だと思うと何故かホットする。
IMG_1455_201801071950089c9.jpg

IMG_1456_201801071950111bc.jpg

IMG_1457_201801071950118fa.jpg

IMG_1458_20180107195013f47.jpg

IMG_1459_20180107195014dc1.jpg
ビブ部分の左サイド、ピースネーム下には懐中時計入れがあるが中々入れづらい。
と言うか実は既に飾りのディティールになっておりサイズ的には入らないケースが多い、それはリーに限らず他社も同様で様式美化したディティールだ。
ワークウエアと言えば労働服、消耗品なだけに合理化精神が働いたかと思えば意外にもそうじゃない側面もある。
IMG_1463_20180107195020c99.jpg
状態はかなり良いが果たしてコレを履きこむだろうか・・実はオーバーオールはあまり着ないので(;^ω^)



にほんブログ村


にほんブログ村







スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (480)
ショップ&イベントレポート (291)
コレクション紹介 (2611)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード