FC2ブログ
04
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2018-04

ブラックサイン ニードルストライプ・アーミッシュシャツ

IMG_3663.jpg
2013年頃に販売されたブラックサインの長袖シャツ。
19世紀末から20世紀にかけてのハウスメイド?とも思われる摩訶不思議なシャツが元ネタです('ω')ノ
元ネタも見た事がありますが実に不思議と言うか、単純に古いシャツであること、それらしい雰囲気だけでなく縫製の雑というよりも不十分さ、袖の途中での生地のつなぎ等実に奇妙でした。
ヴィンテージ復刻の市場はヴィンテージを知らない人向けのステレオタイプの様式美にばかり目が行きそれのみしか存在しないような誤った価値観を蔓延させてきたがそんな市場では評価される筈もなく既に過去の名品となっている。
IMG_3673_20180324073439dd4.jpg
裾裏にあるブランドタグとユニオンチケット。
ヴィンテージ加工したユニチケが特徴の同社にしては初期ではこのようなものもあったようですね('ω')ノ
IMG_3672_20180324073437e68.jpg

IMG_3671_20180324073436b4f.jpg
襟裏には別布を配置している。
IMG_3674_20180324073441044.jpg

IMG_3670_20180324073435b04.jpg
前立て裏にも別布。
IMG_3669_20180324073433d6d.jpg
リネン混紡生地でテロンとした質感ですね('ω')ノ
廉価な素材として麻が重宝された時代は更に古いのですがそれを想起した素材選びですね。
IMG_3668_201803240734326a0.jpg
分かりづらいですが袖は途中でつないでいます。
生地が足らなかった?裁断ミスにより?
半オーダーメイドで袖をつまんで長さを調整して縫う仕様もありますが、それとは違うようです。
IMG_3667_20180324073430524.jpg
肘を頂点にラウンドしたラインを持つ古いシャツ固有のディティールを再現しつつ、脇の下の生地合わせなどもらしい、ディティールですね('ω')ノ
IMG_3666_201803240734280e2.jpg
胸ポケットも生地二枚を繋いでいますが特に意味のあるディティールではなく単純に生地が不足していた為?のような感じです。
この他にも基本はシングルニードル縫製で生地を巻かずに縫われています。
IMG_3665.jpg


IMG_3664.jpg

IMG_3662.jpg

IMG_3661.jpg
ゆったりしたシルエットでヴィンテージと言うかアンティークらしいラインを持ったシャツでサスペンダーパンツと好相性の商品です。



にほんブログ村






スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2726)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード