FC2ブログ
01
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-01

デッドストック ジャパン・ヴィンテージ・カバーオール 1940年代 其の二

IMG_3275_2019121118453576c.jpg
昨日の続きです('ω')ノ
戦後、ヴァンジャケットにより広まった洋服文化~米兵により持ち込まれたデニム、レザー、ミリタリーウエアの流行が現代日本のアメカジ文化、製造販売産業のルーツのようにする意見はここ十数年、よく見聞きするが実はあまり正解ではない。
当然ながら戦前、戦中に洋風産業、文化があり、舶来の洋服、労働服と言うのはデザインから物自体まで数多く、日本にきており確かに和洋折衷という面では今よりも和の側面が強いがちゃんと日本にも存在してた。
ので、シングルニードルで単純な作りだがカバーオールもこんな具合に存在していた。
IMG_3281 - コピー
ちなみに着用していないし、する気も無い。
一応、着れるサイズだが着心地は悪いし、現代人が着ると縦方向に短いデザインになってしまうのと、洗濯すると縮むからですね('ω')ノ
日本にアメリカのサンフォライズ技術(防縮加工)が伝わるのは戦後の東洋紡の取り組みからなんで確実に、そしてどれくらいの縮むかも不明、そしてボタンや生地、縫製糸の強度を考えれば水を通すのは問題だと思う。
IMG_3285_20191211184554f2e.jpg

IMG_3279_2019121118454138d.jpg

IMG_3279 - コピー


IMG_3274_20191211184533040.jpg

IMG_3276.jpg

IMG_3277_20191211184537db4.jpg

IMG_3278_2019121118453830e.jpg
さて検品して合格のラベルがあると言うのに裏返せばこの補強の跡。
明らかに穴を埋めるための行為ですね('ω')ノ
物資が不足した時代ゆえの利用ですね、普通なら裁断される前に破棄されるレベルの生地なので。
こうして粗末ながらも完成させた服を見ると当時の苦労がしのばれる。
尚、大半の当時の衣類は戦後の物資不足の中、着つぶさているいのでそうそう残ってはいないし、あっても日本人の体型の変化からリアルに着るのはやや問題がある。







スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (502)
ショップ&イベントレポート (304)
コレクション紹介 (2726)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード