FC2ブログ

2021-04

ミツル別注 大江洋服店 コバート(ブラックシャンブレー)カバーオール

IMG_1401_2021040818351868a.jpg
数年前の製品で生地はヴィンテージのデッドストック品を使いチェンジボタンはアンティーク品と使い、縫製は大江洋服店によるヴィンテージミシンによる縫製とレプリカだが限りなく古物に近い風合いのライトアウター('ω')ノ
IMG_1422_202104081835332b4.jpg
両ブランドのブランドタグがそれぞれ並んでつく。
IMG_1420 - コピー

IMG_1420 - コピー (2)
胸ポケは左右非対称、左胸の懐中時計を入れるウオッチポケットはレプリカではよく見るが右側の下段で小ぶりなポケットは何を居れるのだろうか?
IMG_1403_202104081835191b6.jpg
首裏のステッチのみでブランドタグはついていない。
正確にはあるのだが紙製なので外されている。
意外と古い時代から紙製のタグは存在している、数回の洗濯で消失する普通の紙が使われているのは別におかしくはない。
リーバイス等のレザーパッチも防水加工されてない当時の革は劣化しやすく原型をとどめていない事も多いので実はそれほど強度を要求されたパーツではないのかもしれない。

IMG_1423_202104081835340e4.jpg

IMG_1417_202104081835288cb.jpg
チンスト付き('ω')ノ
IMG_1410_20210408183525807.jpg

IMG_1408_20210408183524d86.jpg
チェンジボタンは機関車のデザイン。
IMG_1405_20210408183522bb6.jpg
当然ながら当時モノのチェンジボタンなので取り外し可能('ω')ノ
このボタン自体にも価値がある。

IMG_1413_202104081835276cf.jpg

IMG_1404_20210408183521b5b.jpg
生地もヴィンテージファブリックでコレ自体にも価値がある。
1960年代のシャツ生地やレプリカ等よく知られた素材よりも霜降りの白みが強く、見た目は黒と言うよりもグレーにより近い色合いでもある。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (523)
ショップ&イベントレポート (333)
コレクション紹介 (2932)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する