IMG_0376_201412041241264fb.jpg
今年は例年になくウールニットの人気が高いような気がするが・・実際どの程度売れているのか、販売されているのか把握している訳じゃないのであくまでもイメージですが・・
さてキャンパスの1960年代頃のデッドストックです。
この年代の多様さの象徴的な衣類は無数にありますが冬場と云えばやはりコレでしょうか。
1970年代ではアクリル素材全盛になると云われているが実際には1960年代で既に化学繊維の実用はかなり進んでおりこれもウール100%ではなく若干化繊が混ざっている。
まあ初期の化繊はその後の年代程の不快さや不浄感が無いので古着でもお勧めですがこれはタグ付きのデッドストックですね、なんやかん云いながらデッドストックを選別して入手しているのは信条なんで。
IMG_0377_20141204124128416.jpg

IMG_0378_201412041241290e2.jpg

IMG_0379_201412041241309ea.jpg

IMG_0380_201412041241321f7.jpg

IMG_0381_20141204124611e7d.jpg

IMG_0382_201412041246135d7.jpg

IMG_0383_2014120412461433a.jpg
肉厚な素材で思った程伸縮性もないので、この上に着る服に意外と悩む。
それでも肩幅、手首の閉まりに反してアームにゆとりがあるアメリカンクロージングやその伝統的なラインを継承したリプロダクトも存在するので私的には困る事はあまりない。
スポンサーサイト