FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-07

VINTAGE CONVERSE ALL★STAR LO (1978~1979's)Made in USA

*ブランド名:コンバース
*モデル名:オールスター/ローカット
*生産国:アメリカ
*素材:キャンパスアッパー、天然ゴム素材アウトソール
*年代:1978~1979年製造
*状態:デッドストック

オールスターOXのデッドストック。
ヒールラベルは白タグでチャックテイラーではないが古い物だ、一見して1970年代末期と1980年年代初期の区別はつかないが古い形のラスト、ゴムとシューレースの素材感、ソールの厚みからくる?履き心地と重さから1970年代末期と想定します、まあ僅か2,3年の差なんですが。
IMGP8055.jpgシンプルで今と変わらないように見えて・・細部の全てが違う。
素材全ての不均一さは単に古いと云うだけではない、生命感溢れる素材の原初的な在り方はレプリカでは決して真似出来ない本物の証だ。
更に云えば単なる風合いではなく素材としては不均一だが実用的な性能ではレギュラーの方がはるかに劣る、そう現行品は確かに安っぽい、いや安く作っている。
IMGP8056.jpgヒールラベルは見慣れたデザインだが当時は比較的新しデザインでもある。
ソールサイドに頑強に貼りついたゴムテープの段差と熱変形具合も実に本物のバルカナイズシューズらしい風合いだ、これもレプリカでは再現しきれないケースが多い。
IMGP8058.jpg
肉厚で織りはランダムだが丈夫なキャンパスアッパー、分厚いが柔軟にして強固なアウトソールを形成するゴム素材~微妙な差異だが1980年代のよりカジュアル化、大量生産強化により品質低下したオールスターとは微妙に異なる。
またその品質は類似デザインのレプリカやレギュラーより勝っているのは1970年代のオールスターの誇り高き特徴である。
レプリカの過剰品質が謳われて10年以上経過しているがチャックテイラーよりも丈夫なアッパーでクッションの優れたレプリカが存在しないのは何故だろう?
オリジナルが劣っているのは染色技術の未熟さ(色抜け)、素材の不均一さくらいである、だがそれら肯定すべき風合いと捉えるとレプリカの出番はない。
IMGP8059.jpgアッパーサイドの補強ステッチは1980年代までの特徴、以降は廃止されている。
シューレースは生成り綿とポリエステルの混合素材で強度と風合いを結果として両立させている理想的な素材だ。
IMGP8060.jpg
時代背景としてはジーンズがその生命感溢れる性質が失われてゆくのが加速し出した頃だが比較するとスニーカーのその現象はより緩やかなのが今となれば分かる。
IMGP8061.jpgシュータンには当然タグは付かない、長さはやや長い。
IMGP8062.jpgインソールは青文字のボックスロゴとアメリカ製表記。
IMGP8063.jpgアウトソールはモデル名の由来になっているオールスターソール。
容易く歴史を100年と呼ぶがその重みある伝統を作りあげた存在の一つ~やはりその重み=価値を思うと白ラベルであっても中々おろす事が出来ない。
そうこうしている間にオールド、ヴィンテージのデッドストックが山のように蓄積されてゆく~そう大半がコレクションのままだ、だがそれでいいのだろうか?と時より思う。
IMGP8064.jpgここ数年はあまりにもレプリカや復刻が手軽に手に入るのでついつい買い、履いていたがよくよく考えれば実物だけでも充分一生分所有しているのでそれで日々を済ますのも良いだろう、真にリアルなアメリカンクロージングを普段から身につける事こそ最大の理想だからだ。
IMGP8065.jpg
が併し出来栄えの良いレプリカに目が惹かれるのも抑えがたい欲望故だ。
スポンサーサイト



もう一つの顔~ブランドタグ «  | BLOG TOP |  » WARE HOUSE&DELBOMBERS LEATHER-SNEAKER

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (299)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード