IMG_0825_20141218110733f93.jpg
アメリカンクロージングを象徴するシャツメーカー、アローのカーディガン。
この当時はなんでも作っていた~って証拠の一つですね、アローの1950~60年代の多様なメンズアパレルは今でも魅惑的だ。
IMG_0828_20141218110736c9a.jpg
僅かですが化繊混じり。
IMG_0827_2014121811073598f.jpg

IMG_0826_20141218110734358.jpg

IMG_0829.jpg

IMG_0830.jpg

IMG_0831.jpg

IMG_0832.jpg

IMG_0833.jpg

IMG_0856_20141218110825435.jpg
この時代のセーター、カーディガンの多くはアームとボディーが妙に丸っこい、それが時代の流行りなので時代性を実感できるデザイン、ディティールなので私的には好物な箇所だ。

リプロでよく現代風とか云ってポイントとなる重要な箇所をそぎ落とす、見逃して採用しないケースが昔から今でも非常に多い。
私が昔から今でもリプロに感じる違和感の理由は実はそういうあまりも単純な事だったりする。
スポンサーサイト