IMG_9589.jpg
歴代のヴィンテージG-ジャンのブランドタグを並べてみると実に壮観ですね。
このようなパーツを重要視するのは別に古物偏愛だけじゃなく現代服の愛好家でも似たようなものらしい。
IMG_8015_20150411071023b88.jpg
ラングラーの母体であるブルーベル社のマークは当然、現代で一部の復刻系統以外では拝めない古物らしい時代性を感じるポイントですね。
IMG_7354.jpg
年代モノなのでダメージや破損しているケースも多々あるし、デッドストックから着込んでもいずれはそうなる。
IMG_7349.jpg

IMG_7347.jpg
表記内容は時代が進むとよりシンプルになっていく。
サンフォライズの表記が無くても防縮加工が当たり前の時代になったのでわざわざ表記してアピールする必要もないTいうことか。
IMG_4239.jpg
そして1970年代、色だけでなく素材も変わり味気ないが経年劣化しづらい素材になった。
IMG_4225.jpg
そして1970年代も終わりに80年代に差し掛かる頃~タグのデザイン自体が変わる。
IMG_3941_20150411070954771.jpg
やはり私的にはこれくらいの年代、素材感、デザインが良い。
IMG_0343_2015041107095276a.jpg

IMG_1555.jpg
さて色々見てきたがラングラーのTシャツなんてものもある。
1980年代と全然古くないがコレが付くだけで見る目が変わってしまう。
スポンサーサイト
Secret