FC2ブログ
07
TOP IMAGE
http://bloopers2.blog53.fc2.com/

2020-07

DUBBLEWORKS SS Western-Shirts

*ブランド名:ダブルワークス
*モデル名:半袖ウエスタンシャツ
*素材:コットン100%
*生産国:日本
*年代:00年代

夏の大定番、薄手のチェック柄生地の半袖シャツはウエアハウスの兄弟ブランド、ダブルワークスの半袖ウエスタンシャツ。
販売時期に差があるのでブランドタグのデザインが異なる二枚。
DW1.jpg
ヴィンテージのローバックス等で見られる白塗りのフラットなスナップボタンを用い基本的なディティール、デザインはレプリカでは馴染みの~いやウエアハウスがお馴染みにした1950年代スタイルだが半袖だ。
時代考証的には疑問のあるショートスリーブだが、まあそれは実用としてのファンションとして活かす為の選択であり、ダブルワークス・ネームでは問題ない。
DW2.jpg
ブランドタグは初期のタイプなのでネームの綴りが今と違う。

そしてもう一枚はこれよりも数年後に販売されたタイプ、ほとんど同じようなデザインだが細部の違いが決して同じものを繰り返しださないダブルワークス~ひいてはウエアハウスらしさを思わせる。
それは似たような別物と云うヴィンテージで実在した商品の多様性を具現化した商品構成故だ。
IMGP3058.jpg
ブランドタグ。
IMGP3059.jpgリベット裏はユニーバーサル・ネーム。
見えないところだけに妥協するメーカーが多いがそうはしない。
IMGP3060.jpg
二本針ミシンによる巻き縫い縫製と云うワークウエアでは1950年代に完成された縫製パターンをちゃんと再現~だが別これは今では、そう普通だ。
実際そのノウハウから縫製仕様、現行ミシンでのやり方にいたるまで、すっかり確立されておりおよそアメカジやヴィンテージレプリカとは無縁な国内ファッションブランドからセレクトショップ、更には量販店モノまで、見た目だけだが、それなりに、やられているケースが多いしそれは縫製以外のディティールにも及ぶ。
そのような土壌を形成出来たのはウエアハウス、シュガーケーン、ドゥニーム、クッシュマン、旧マッコイズらの功績だと云えばそうだし、それらを模倣した結果とも云えるが~違いの分からない人には混同され、あるいは先駆的メーカーが軽視される現実さえ寂しい事におきてしまう。
だが巷に溢れるレギュラーは所詮、レギュラーである。
生地、縫製糸、金属パーツ等の外観を幾ら似せても素材感の圧倒的な違いはあまりにも顕著だ。
更に縫製もゲージ幅、番手選び、折り返し幅等、違いの方が目につく。
だがそれらは着る為の衣類にとり実にどうでもよいポイントではあるがブランドの持つ根源的な意味性だけにそれを安易放棄しない、客を裏切らない姿勢~それこそがウエアハウス及びそれに肩を並べる本当の意味でマニアックなブランド達の正しい在り方だ。
IMGP3062.jpg気候的にはかなりキツイ暑さになってきた。
本格的な出番はちょうど今からだろうか
スポンサーサイト



ブランドタグを見る~VINTAGE «  | BLOG TOP |  » 近鉄バファローズ・ゴルフキャップ(直筆サイン入り)(1995's)

プロフィール

BLOOPERS管理人

Author:BLOOPERS管理人
世界の三大ジーンズブランドWranglerの歴史と各年代の実物を紹介するHP「BLOOPERS」のブログ版。
ラングラー以外のアメリカンクロージングから国産ヴィンテージレプリカブランドまで私的感性に従い手広く紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ニュース&コラム (501)
ショップ&イベントレポート (300)
コレクション紹介 (2704)

AquariumClock「桃でめ金」

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード