IMG_3710_201509201034281c5.jpg
何故か日本では平和主義、軍備を持たない国の象徴のような扱いであるスイスだが、ちゃんと立派な軍隊がある。
そんなスイス軍のアンダーウエア。
欧州古着では以前より定番アイテムですがモノにより、あるいは時代により微妙に異なる。
このヘンリーネックTシャツは割と古い方でおよそ1950年代のデッドストック物、素材感、縫製仕様など如何にも古臭い感じがしますね。
アメリカでは失われた古い服装文化がそのまま残り時代を経た影響で大戦後の服でもアメリカの20世紀初頭の服によくにているのが欧州古着の魅力の一つ。
そうアメリカンヴィンテージに馴染みすぎた我々には実年代よりもはるかに古臭い衣類に見えてしまう。
コイツに関しては近年、復刻でも人気の20世紀初頭のアンダーウエアの雰囲気が濃密なんでヴィンテージにしろ復刻にしろ古風な恰好にはちょうど良い。
IMG_3723_201509201042257d8.jpg

IMG_3711_201509201034306a5.jpg

IMG_3714_201509201034347c0.jpg

IMG_3712_20150920103630f5f.jpg

IMG_3713_20150920103433175.jpg

IMG_3715_20150920103648a6b.jpg

IMG_3716_201509201036501b5.jpg

IMG_3719_20150920103654c0f.jpg

IMG_3718_20150920103652780.jpg

IMG_3717_2015092010365133c.jpg

IMG_3722.jpg

IMG_3721_20150920104222a51.jpg
それにしてもスイス軍の着れる服は意外と多い、ヘビーなモノは見かける頻度は少ないが軽めの衣類は昔から市場に安定して存在するが~私が買うのはもっぱらヘンリーネックTシャツと言うかアンダーウエアばかりですね。
やはりミリタリーらしい本式のジャケットやシャツは好みではない。
スポンサーサイト