c1.jpg
冬物上着、ジャケット、コートは古物、リプロ共々毎年のように出番が多いのは・・当たり前と言えば当たり前ですが化繊素材のアウターを全く着ない私にとってウールとレザー、コットン以外の上着は考えられない。
c2.jpg
1920年代のウール素材のジャケットは・・デッドストックなので今年も着ないかも(笑)いつものパターンですね。
それでも何着かおろして着ているウールジャケット、コートは多いのでこれもいつかはそちら側に行くかもしれない。
c3.jpg

c6.jpg

c7.jpg
デッドストックだと、特に百年近く前の物だ気軽に着れないが、それらリプロだと容易くおろして着れるのは、まあそれが本来もつ意義なんで。
IMG_3922.jpg
選択肢の中にブラックサインは確実に存在する。
IMG_1382.jpg
そんな感じで直ぐに着る物から、中々おろせないものまで一通り準備は出来ている。
スポンサーサイト