IMG_4564.jpg
*ドライボーンズ名古屋店
大須にある国産アメカジ?ブランドの直営店、まだまだ新しいと思ったら今年で10周年をめでたく迎えました。
名古屋店がオープンする以前、県内では当時存在した岡崎市のディーラーが最も品数が多かったがやはり全商品を拝める機会は少なくオープン当時は非常に新鮮でした。
ここ5,6年ですっかり国産リプロを買わなくなった私的影響で足が向かう頻度も減ってしまい申し訳ない気分ですが・・それでも毎年何かしら買っている、お世話になっているお店です。
IMG_5306.jpg
ドライボーンズと云えば和柄、フィフティーズをメインにしワークやデニムも扱うがどれも遊び心あふれるアレンジを施されているのが魅力ですね。
レプリカジーンズから発展した同業他社と比べると個性が強い、アクの強いデザインが売りですが・・何故か私が買うのは昔から無地のBDシャツ、靴下、ヘンリーネック等の無地Tシャツと実にドライボーンズらしくなく?シンプルなモノばかり。
実はそういったトラディショナルな商品もドライボーンズの得意分野だったりする。

単純に言える事はドライボーンズの無地BDシャツや靴下を約10年もの間、変わらずに愛用し続けているって事。
ローテには当然、多くのヴィンテージや国産他社も含まれているので頻度的には集中して着ている訳じゃないので長持ちしてしまっている(笑)
IMG_5349.jpg
画像はドライボーンズのバンダナ、何故かウエスタンと言う王道アメカジ。
そう王道なのだがドライボーンズらしくない?
IMG_5351.jpg
靴下は少々派手な物もあるが・・素材感、サイズ感はレザーシューズには相性が良い。
多少遊んでいるがフィフティーズの影響を受けたデザインや柄の商品が多いので靴下を見せる昨今のスタイルにも使えると思うが・・既に寒くて今はムリっぽいかな。
IMGP7274.jpg
定番であり続けるデニム類ですが必ずしもXXに忠実と言う訳ではないので評価は分かれるところですが、スタイルの異なる複数のモデルを販売している。
最近はこんな飾りステッチです、昔のような寿司耳は残念ながら廃止されているが・・古すぎて誰も覚えていないか(笑)。
頭のてっぺんからつま先まで~と安易な言葉が適応しうる商品の多彩なラインナップは相変わらずの安定ぶりなので古着では補充しきれない衣類やら小物らを揃えるには便利なお店と言うかブランドですね。
IMG_6107.jpg
(*店舗画像以外は取扱商品のイメージ画像です。)
スポンサーサイト