IMG_4795_20151120203705037.jpg
ほんの数年前と思っていた90年代の出来事が、何か随分と昔の事に感じられているのは違和感を覚えるがそれ以上に、90年代の出来事が忘却される、無かった事にされる、矮小化される、そんな傾向にはより強い違和感を覚えてしまいますね。

国産ヴィンテージレプリカの世界で一時期、神格化されていた旧マッコイズですが本当に今では売る方、買う方共に新旧の区別をしないというか、区別があった事さえ知られていないいうですね。
なにかVAN-ジャケットの新旧の区別のように・・
まあマッコイの場合、神格化の対象として別のブランドがもてはやされて数年は経過している以上、マッコイへの関心は薄れ、情報も希薄化し、そうもなるでしょうね。
IMG_4867.jpg
さて今世紀初頭に一度は経営破たんしたリアルマッコイズが破綻前、旧体制末期に発売していたツートンカラーのラインマンブーツ。
今でも、そう10数年経過いているがちゃんと履いてます。
IMG_1710_201511202036470fd.jpg
靴の所有数が膨大でローテの都合で一度も足を通さない年もあったので経年変化はさほど出ていない。
IMG_1708a.jpg
ここ数年では冬場の出番が多く、雪の日でも履いているが・・実は滑りやすいラバーソールだが埋まってしまえば滑るもなのもない(笑)
IMG_1019_20151120203643498.jpg

IMG_1018_201511202036427c8.jpg

IMG_4794_201511202036489bf.jpg
当時はスニーカーブームの影響で古着屋でも私好みのブーツを入手するチャンスは意外と少なく、新品でも国産復刻系ワークブーツは皆無に等しくリアルマッコイズとシュガーケーンのワークブーツは特別な存在だったような気がする。
スポンサーサイト