IMG_8252.jpg
画像のストックから年末二回目のショップ紹介。
大須地区にあるアンティーク、ヴィンテージのショップではトップクラスの質量を誇るショップが展開する自社ブランド商品群は少量生産だがその細部にまで至るディティールの作り込み、ステッチの一針一針に至るまでの絶妙な古物感には日々感動だが・・まあそんな事を気にない&気づけなくても十分楽しめる魅力的な商品群ですね。
同店が販売しているヴィンテージ古着、アンティーク什器、アクセサリーとの親和性は非常に高い。
IMG_6800_20151217212525197.jpg
秋に発売されたヴィンテージ・リネンを採用したジャケット。
実物のヴィンテージ生地を採用しただけにリプロの範疇を越えた古物感と言うべきか、縫製もアンティークミシンで行われ、パターンも約百年前のソレをベースにして、縫製仕様やディティールも当時のソレを踏襲しており古物では無いが古物と変わらない特殊な現代衣類と言うべきものでしょうか~在庫はまだ少しあるかも。
IMG_6566_20151217212445088.jpg
同じリネン生地ですが少々、薄手の白リネンのカバーオールも、ヴィンテージ生地を採用している。
ヴィンテージ生地特有の自然なムラ感はヴィンテージそのものですね、まあ半世紀以上前のモノなので当然ですが・・
IMG_6564_20151217212444e4c.jpg
ジーンズは過去、数回販売しているが現在、在庫があるのはスリムタイプ。
1960年代の仕様を見事に再現しているがデニム生地は旧式力織機でXXタイプを再現したモノを採用している。
IMG_6563_20151217212442936.jpg
この他にもオリジナルアイテムをこれまで超少数生産で販売してきたが現在、一番新しい商品は・・
IMG_4230_20151217212441164.jpg
このウールベストの同生地のジャケットですが、ベスト自体は既に完売しています。
流石にウール生地はヴィンテージ生地では無いですがこれも年代物の力織機で織られた国産ファブリックです。
IMG_1072_20151217212440e63.jpg
繰り返しになりますが同店が販売するヴィンテージクロージングも時代を越えた価値ある存在、我々が偏愛してやまぬ対象なので、これまで同様に当然、買い続ける&来店する目的ですが、これらショップオリジナルの復刻衣類も同じような目玉的な存在になりつつありますね。
実際マニアックなヴィンテージ好きにも満足出来る出来栄えだし、他の古着屋でも着ている人たちを多々見かける。

この他にも復刻衣類としてはブラックサインも展開している、既に海外でも高い評価を受けている存在であり、その魅力をくどくど語るのも今回の趣旨では無いがミツルオリジナル共々、ヴィンテージクロージングとの親和性が特に高い国産リプロの一つなので同店の店頭に並んでいても、ヴィンテージとミックスして身に着けても全く違和感が無い。
スポンサーサイト