IMG_7053.jpg
2015年秋冬モデルのスウエットシャツ。
ヘンリーネックで裾リブが無いアンダーウエア仕様。
ボディーの身幅もタイトで同社の規格からワンサイズ小さいボディーを使用している、つまりMサイズの身幅はSサイズのボディーを使っている。
その為、Sサイズではそれよりも下のサイズが無いので胴体横を割いて縫い直しているのでSサイズのみ筒胴では無い。
IMG_7062.jpg
前年度に初登場した際は単色カラーのみでしたが今期からツートンカラーもラインナップに登場した。
基本的にスウエット生地のアンダーウエアの復刻と言っているがスポーツウエアとしてのスウエットシャツのような配色は年代設定的に混乱した状態だが、まあこれも今の国産リプロではアリなのが現状なんで、これはこれで面白いとは思う。
特にアンダーウエアと言いながらもこの上から着れるシャツはどれほどあるのだろうか?国産リプロのシャツはどれもアームを細くする等、今風な型紙をしており身幅をいくら細くしてもスウエットの肉厚な袖が通るのか、そもそもこのスウエット自体の袖がアンダーウエアとしては長すぎるのではないか?つまり袖口が閉まらない可能性がある。
と色々考えると微妙な存在には違いはないですね、最もヴィンテージのシャツなら適度な空間が存在するのでオーバーサイズじゃなくても中に着れる場合が多いでしょうが。
IMG_7054.jpg

IMG_7055.jpg
お馴染のブランドラベル。
IMG_7055a.jpg
ヘンリーネックのボタン開き。
IMG_7056.jpg
首裏には当て布が付く。
IMG_7057.jpg
フカフカの良質な生地。
IMG_7058.jpg
リブ袖。
IMG_7059.jpg
前記したよに筒胴ではない、あえて割いて縫い直してある。
IMG_7060.jpg

IMG_7061.jpg
色々と思うところはあるがデザインがいつもと違う、個性的なスウエットシャツには違いは無い。
裾がしまえるのでオーバーオールズ等サスペンダーパンツに合わせて着るのが一番着やすいとは思いますね。
スポンサーサイト