IMG_0966_201601050920308a1.jpg
ブルーベルのライナー付きダンガリー素材ワークジャケットの続き。
今回は全体写真から。
IMG_0984_20160105092608de9.jpg
ショート丈のワークジャケットと言えばデニムジャケット、つまりはG-ジャンのイメージが強い。
古着ブームの頃はその陰に隠れていたイメージもあるこのテのワークジャケットも近年はG-ジャンの不人気のおかげで再評価された?と思いたいが現実には国産リプロで一時期元ネタにされたイメージの方が大きいかもしれない。
IMG_0970_201601050923011f6.jpg

IMG_0971_20160105092303a37.jpg
ポケットや袖カフス等、同じワークウエアでもG-ジャンのようなデザインされた美は無いが、それがまたリアルで良いという考えもある。
IMG_0975.jpg

IMG_0976_201601050924413c7.jpg
縫製はダブルステッチで伝統的であるデニム、ダンガリ―などの地厚な素材系統のそれ、そのままですね。
1970年代以降は目に見えて縫製仕様の簡略化が図られているのでまだまだヴィンテージ感がたっぷりありますね。
IMG_0977_201601050924425ab.jpg
ライナーのブランケットはリサイクルウール。
そこそこ暖かい。
IMG_0978_20160105092444168.jpg
ライナーの柄は1960年代ではよく見かけるパターン。
IMG_0979_201601050924451db.jpg
変な位置にあるブランドラベル。
IMG_0980_20160105092602cb9.jpg
ジッパーの裏にあるUSA表記はオリジナルの証でもある。
IMG_0981_20160105092604004.jpg
スコービル&グリッパーのWネームのジッパー。
IMG_0982_20160105092605cc3.jpg
チェーンジップ。
現在の復刻系統の各ブランドのジャケット類にも似たような復刻チェーンジップが採用されているが、それらの中には使用上の強度に問題があるモノもある。
その為、チェーンジップは、いつしか実用ではなく飾りと言われているが勿論、労働着であるこれらのジャケットに付属している以上、本来は実用的なパーツである。

経験的にも実は私も、国産リプロの復刻チェーンジップでたやすくちぎれた体験がある。
だがヴィンテージでちぎれた経験は一度も無い、明らかに強度、使いやすいさで大昔のヴィンテージより劣る復刻パーツがメーカーにより存在するのが残念と言うか不思議と言うか・・
IMG_0983_20160105092606b31.jpg

IMG_0985_20160105092700eda.jpg
デッドストックのままですが果たしてこれをおろして着る日は来るのだろうか・・
スポンサーサイト