IMG_2328_20160109083149f58.jpg
時代背景的にありえない左側のみの胸ポケットでハンドウォーマー込みで3ポケ。
同じくフロントのスナップボタン留め。
年数とは無関係に面白い存在ですね、このような従来のメンズと異なるデザインはボーイズ、レディースのようなイメージがありますが、ちゃんとしたメンズモデルです。
IMG_4222.jpg
背面、裾付近のウエスト調整ベルトのみスナップボタンでは無くドットボタンだったりする。
IMG_2332_20160109083153421.jpg
腕部の取付がロック縫いにディティール変更された最初の時期のG-ジャンの一つ。
IMG_2331_20160109083151b6d.jpg
腕部も当然スナップボタン。
少し縦落ちの表情を表わしている。
IMG_2329_20160109083151245.jpg
便利だが不思議なスナップボタンでのフロント開き。
IMG_2325_20160109082751de8.jpg
過去HP等で散々述べてきたが1960年代の左綾デニムはメリハリは付くが縦落ち感が弱く、むしろ1970年代前半のブロークンデニムの方がハッキリとシャープな縦落ちをする事実は実に意外でもある。
何故ならシャトル織機で織られたセルビッチデニムよりも革新織機で織られた疑似セルビッチのデニムの方が色落ちに関しては美点が目立つという事だ。
IMG_2326_20160109082752abd.jpg
デニムの色落ちと製法の関係はヴィンテージデニム、復刻デニムに限らず、一般的に思われている事実に合わないケースも多々存在したりする。
まあこれもオーパーツぽい。
IMG_2327_20160109082754950.jpg
特になんてことはない1970年代のG-ジャンでも見方をかえれば、見る人によっては~と言うハナシでした。
一般的には古着市場において買う側、売る側ともに単なるブロークンデニムのG-ジャンの一つに過ぎないと言えばその通りでもある。
スポンサーサイト