IMG_1876_20160306184846b26.jpg
ラングラーがテキサスのカウボーイ御用達ブランドであるのは誕生当時から今現在でも変わらない。
どうも日本だとカウボーイ=ジーンズ=リーバイスの安直なイメージを持ちたがる人が多いが日本でジーンズことジーパンが一般化した1960年代で既にラングラーはその特化したあり方を不動のものとしていた。

さてそんなラングラーであればこそデニム関連の衣類以外にもウエスタンらしい商品も多数販売している。
その代表格がバンダナであるが、不思議な事に1970年代以前、つまり我々が「古い」と言う時代のバンダナを見た事が無い。
IMG_2056_20160306184847e54.jpg
1970年代頃には既に存在が確認されているロープロゴをデザインに取り入れたバンダナは赤、紺の二色。
ほとんどデザインを変更せずに1980年代どころか1990年代、更には現代でも見かける事があるロングセラー物で、実はそれ故に年代判定が非常に曖昧なバンダナだったりする。
IMG_5296.jpg
ホースロゴは1970年代のイメージが強いがアパレル同様に1980年代前半くらいが一番見かけるので1970年代後半から1980年代に掛けてのものでしょう。
IMG_3380.jpg
こちらもほぼ同時期。
巷に溢れてるエレファントブランドのバンダナ同様に1970~80年代の物が基本的に大半ですね。
繰り返すがそれ以前のラングラーを見ることは無い、対してエレファントブランドでは1960年代は割と普通に見かけるし頻度は減るが大戦前のバンダナもそれなりに古着市場には存在する。
ラングラーに立場的に近いリーバイス、リー等のジーンズブランドでは当然、1960年代以前のバンダナは存在しそれは既に高価なコレクタ-アイテムと化している。
その他のワークウエアブランド等でも同様の事例がある。
そうラングラーに限らずブルーベルのバンダナも、そう全く見かけない、意外と不思議な感じがします。
IMG_5197.jpg
ここまで登場したバンダナには全てセルビッチが付いているがそれだけがヴィンテージの証とは言えない。
何故なら1990年代に入ってもアメリカではセルビッチ付きのバンダナは生産されていたし、これらのラングラーのバンダナでもクラフトマークが入っている程度でセルビッチ付きのまま存在していた。
IMG_6596.jpg
さて最後にVFグループ傘下になる前、1980年代前半のバンダナですがポリコットンでセルビッチは無い。
如何にもオールド感が無いバンダナですが年代的にはこれまで載せていたものと大差ない。
つまり1980年代~1990年代は凡そヴィンテージらしいバンダナとヴィンテージらしくない近代的なバンダナが共存していたと言える。
これはラングラーに限定したハナシではなく全てのアメリカ製バンダナに共通する事でもある。
そう単純にミミの有無や化繊素材だと言うだけで古い、新しいを安易に断定出来ないのが本当のところだったりする。
スポンサーサイト