IMG_5537.jpg
日本も根強い人気を誇るオールデンのブーツタイプのシューズですが外観上オールデンらしい視覚的な特徴は全くないのが逆に面白いところか。
レザーもコードバンでは当然無い。
IMG_5543.jpg
シューレースがあまりも不似合いな化繊の丸紐だったのでデッドストックのシューレースに交換した。
微妙に色が違うが古物をミックスする事で多少ランクアップしたような錯覚を感じさせてくれる。
IMG_5542.jpg

IMG_5541_2016032919044542e.jpg
繊細なアッパーのレザーはイイ具合。
IMG_5540.jpg

IMG_5539.jpg

IMG_5538.jpg
シンプルなプレーントゥで既にイイ具合の皺が入っている。
IMG_5546.jpg
アウトソール中央にRのマークが入るが多分リジェクト品の意味でしょう。
つまりB品、アウトレット品だと言う事。
IMG_5545.jpg
つま先は補強しておきました。
レザーソールの場合直ぐに減ってしまうからですね、どうしてもすり足気味に歩行する日本人にとってはここは気にすべきポイント。
IMG_5544.jpg

IMG_5550.jpg

IMG_5549.jpg

IMG_5548.jpg

IMG_5547.jpg
さてオールデンと言えば確かに人気ですがこの人気に正しい違和感を覚える方々は我々の先人と言うか、人により数世代上の方となるでしょうか。
これはレッドウィングやロレックスのブームと同じで過剰なブームと冷め切った時代を長いサイクルで繰り返しているからですね。
ですがブーム終了後も定番としてちゃんと日本市場に存在し続けているのに全く視界に入らないアメカジ野郎は流行り物に弱いと思うのは半分だけ正しい、何故なら流行りに振り回されているのは別のファッションジャンルの愛好家も同様だからですね。
と言う事であえてオールデン、では無く世間の流れに関係なく自然にオールデンを我が物にしたい人いはこのようならしくない一足の方が向いているかもしれないですね。
スポンサーサイト