IMG_2843_20160330094616ad0.jpg
大判で生地の両サイドにセルビッチが付くヴィンテージのバンダナ。
大判と言ってもバンダナでは、のサイズ感の話しで衣類に使えない狭幅の織機で織られた生地が時代を感じさせる。
凡そ1930年代頃、生産国表記など一切ない本当の意味でヴィンテージらしいバンダナですね。
IMG_2844_20160330094617d61.jpg
図柄のパターンは非常に単純かつ伝統的な図柄で、これ以前にもあったし以後でもある。
特にアメリカだけじゃなくルーツである欧州でも見かけるパターンであるのが面白いところか。
IMG_2845.jpg

IMG_2846.jpg
ダブルアールエルを始め国内外の復刻系メーカーが手掛けているパターンのオリジナルですが、新品市場でよく見かける分、まあ古いんですが特別感が薄れてしまうような錯覚を覚えてしまうような・・
IMG_2847.jpg
ちなみに状態は、水を通っていない、そうデッドストックですね。
IMG_2848.jpg
生地の両サイドを近づけると御覧のように両端がセルビッチなのが分かる。
スポンサーサイト