IMG_3778.jpg
ワインレッドのブロックス・ストライプ柄のボタンダウンシャツ。
個人的には繰り返しだがシャツと言えば1960年代のアメリカシャツは好物だ。
古臭い伝統的なデザイン、縫製仕様等を引き継ぎながらもよりスタイリッシュな形への見事な変貌を遂げている物が多いからだ。
確かに大量生産の時代の品ではあるが程度の差があるだけで1950年代だって立派な大量生産の時代だ。
IMG_3779.jpg
さて内縫いが無い分、目立つようで・・実は目立たない縫製。
IMG_3780.jpg
切り返しのデザインと一体化したかのステッチの様式美、流石にヴィンテージらしい以前にシャツとしても完成した美しさを感じる。
IMG_3781.jpg
上質だが古風、相反する良さを両立させた見事な生地もある意味1960年代らしいと言う具合か。
縫製仕様的にセルビッチを露出した作りではないのでこのファブリックがシャトル織機で織られたか否かは安易に判断は出来ない。
IMG_3782.jpg

IMG_3783.jpg

IMG_3784.jpg
1960年代ではバックカラーボタンとハンガーループの組み合わせが流行りだ。
本来はどちらか一方あれば良い物だ。
IMG_3786.jpg

IMG_3785.jpg
派手と言うか鮮やかと言うかアイビースタイル全盛期らしくないようでいて・・実はこれも時代を象徴するシャツらしい、のである。
スポンサーサイト