IMG_1856_20160410091841269.jpg
1980年頃のさほど古くないワークシューズ。
しっかりした立体的なラバーが配置されたインソールとネオプレンのアウトソールの組み合わせは実に快適で疲れ知らずの一足です。
安くてたいしたことないが扱いやすい便利な存在なので一時期出番が多かった。
IMG_1859a.jpg
スニーカーのような平紐はコットン素材でイイ具合に退色もするが長さが短すぎて結局直ぐに使うのをやめて別のレザーシューレースに交換してしまった。
IMG_1855_20160410091840cc1.jpg
ここらは交換前に撮った画像。
IMG_1857_20160410091843de2.jpg

IMG_1859_20160410091846bc9.jpg
交換したレザーシューレースはほぼ同年代のデッドストックです。
IMG_1859b.jpg

IMG_1858_20160410091844652.jpg
何故かヴィンテージの靴はオリジナルの紐が短すぎて使いづらい、あるいは使えないケースが時々ある。
仕方がないので交換するが都合よく長さ、太さが合う紐が無い事もあり、探す楽しみもある・・いやそれは面倒だ(笑)だがそんな経験を数回繰り返すと、そういうものだと妙に納得してしまう心理がある。
スポンサーサイト