IMG_1933_20160427055453895.jpg
トリッカーズのカントリーブーツ。
ちょいと前のモデルですがオールドとかヴィンテージと呼ぶほど古くは無い、ほぼ現行の範疇の商品ですね。
今でもどこまで普通に買えるブーツなので古く感じないが、19世紀から続くイギリスの老舗ブランドの定番モデルなので、本質的には古臭さを感じないといけないモノだったりする。
IMG_1934_20160427055454ac3.jpg

IMG_1935_201604270554563c5.jpg
イギリス製を誇示するタグ。
IMG_1936_20160427055457ed2.jpg

IMG_1937_20160427055459660.jpg
日本のファッション市場の妙な特徴としてアメカジやアメトラでは無いブランドやアイテムでも、ほぼ同様の扱いを受けるモノがあり、同様に人気と不人気を繰り返す傾向がある。
トリッカーズのカントリーブーツもそうですが、その他にもバスクシャツのようなボーダーTシャツもその一つですね。
IMG_1938_20160427055519cc9.jpg
伝統のウイングチップですがボテっとしたボディーラインは実にドレスシューズぽくない。
まあ、それ故にジーンズやワークパンツにも合わせやすい利点でもある。
IMG_1939_20160427055521b22.jpg
アウトソールはレザーソールなのでつま先補強をしてます。
IMG_1940_20160427055522918.jpg

IMG_1941_201604270555240d1.jpg
普段、いつの時代とか無関係に日本製とアメリカ製ばかり身につけていますが、中には~たまには?イギリス製などヨーロッパ物も使用していたりします。
スポンサーサイト